Amazonでの初めての買い物!利用方法と注意点まとめ

本コンテンツはプロモーションが含まれます。

Amazon 使い方
Amazonプライムビデオ

月額500円で映画・ドラマ・アニメ見放題!
【プライム特典】
30日間無料

  • 無料期間中に解約すれば料金不要
  • いつでも好きな動画を見放題
  • Amazonの配送料無料特典も

今さら聞けない!Amazonで買い物するにはどうすればいいの?

Amazonでの買い物、注文の仕方、支払いはどうなるのか、ちゃんと注文できているか、などなど、初心者の方にはなにかと不安があるものですよね。

Amazonは世界中で多くの方が利用しているショッピングサイトです。利用方法さえわかれば、買い物も簡単。万が一のトラブルがあった場合にも、Amazonの問い合わせ窓口があるので安心です。

Amazonへの問い合わせ方法、電話番号 その他の方法を図解で解説
Amazonに問い合わせをしたいとき、電話番号、その他の方法について、画像キャプチャ入りでわかりやすくご紹介しています。 困ったとき、自分で解決できないときは、Amazonに直接問い合わせてみましょう。

Amazonでの買い物の仕方や注意点から、メリット・デメリットまでまとめて解説します。Amazon利用に関する不安や疑問をスッキリ解消して、安全にショッピングを楽しみましょう。

スポンサーリンク

Amazonを初めて利用!商品を購入するには?

Amazonで初めて買い物をするときの、基本的な流れは以下のとおりです。一般的な通販と同じで、特に難しいことはありません。

Amazonの無料アカウントを作成

商品を選んで[カートに入れる]ボタンをタップ

レジに進んで送付先や支払い方法を指定

決済完了

商品が届く

商品を選んでカートに入れてから、レジに進む際にアカウントを登録することも可能です。

以上、Amazonで最初の注文をするまでの基本的な流れについて、それぞれ詳しく画像付きで解説します。

Amazonのアカウントを作成する

Amazonで初めて買い物するためには、アカウントが必要です。アカウントの登録はネットで、スマホアプリはもちろん、パソコンなどWebからの登録も可能。

Amazonのアカウント登録は無料で、入会金や手数料などもかかりません。

以下のページから、Amazonショッピングアプリをダウンロードしましょう。

Amazonショッピングアプリ

PCの場合は、以下よりAmazonのサイトにアクセスします。

Amazon

Amazonショッピングアプリからアカウントを作成する手順は以下のとおりです。

アプリのトップ画面で、[アカウントを作成]をタップ。

アカウントを作成

「ログイン・登録」の画面で、①「アカウントを作成」にチェックを入れて②[次に進む]をタップ。

アカウントを作成をタップ

以下の画面で、①「氏名」「メールアドレス」「パスワード」の3つの情報を入力します。メールアドレスでも携帯電話でも登録可能です。ここで登録する名前は、本名でなくてもOKです。登録後、②[次に進む]をタップすれば、アカウントを作成できます。

アカウント情報登録画面

Amazonアカウントの作成方法については、こちらの記事でも画像キャプチャ入りでわかりやすくご紹介しています。

【Amazon初めての登録】アカウント作成方法と困ったときの対処法
Amazonを初めて利用する方に向けて、アカウントの必要性から作成方法、注意点までまとめてわかりやすく画像付きで解説します。スムーズにアカウント登録を済ませて、ショッピングを楽しんでください!

商品を選んで[カートに入れる]ボタンをタップ

Amazonで購入する商品を選んだら、①数量を指定し、②[カートに入れる]をタップします。

[カートに入れる]ボタン

[カートに入れる]のすぐ下に[今すぐ買う]のボタンもありますが、この2つのボタンの違いは以下のとおりです。

購入ボタン 購入手順
カートに入れる ①[カートに入れる]をタップ
②カートアイコンをタップ
③[レジに進む]をタップ
④配送先先住所や支払い方法を確認
⑤[注文を確定する]をタップ
今すぐ買う ①[今すぐ買う]をタップ
②配送先先住所や支払い方法を確認
③[注文を確定する]をタップ

いずれも、ボタンをタップしただけで即注文となることはありません。

自宅住所や支払い方法が登録済みで、いつも決まっている場合は、[今すぐ買う]をタップしたほうが、操作手順が簡易化できます。

 

Amazonの「今すぐ購入」はどうなる?ワンクリックで注文確定?
Amazonで商品を買う時、「カートに入れる」というボタンの他、「今すぐ購入」というボタン。これはどうなるのか。こちらでは「今すぐ購入」のボタンについて、その設定の仕方など、詳しくご紹介します。合わせて、kindle、プライムビデオ、デジタルミュージックのワンクリックについてもご紹介しています。

このカートに入れる時と、レジに進んでから注意したいのは、「お急ぎ便」や「お届け日時指定便を無料体験」というお誘いです。

通常は有料のお急ぎ便やお届け日時指定便を、プライム会員の無料体験をすることで、無料で利用できるわけです。

無料体験ということで、ついつい利用してしまいがちですが、これはAmazonプライム会員への30日間無料体験で、無料期間を過ぎると有料会員として会費請求が発生しますので、ご注意を。詳細は以下の記事でご紹介していますので、気になる方はチェックしてください。

Amazonの無料お急ぎ便で勝手にプライム会員に!騙された?
Amazonで商品を購入したら勝手にプライム会員に登録されて、会費を請求された!そんなときは、慌てずにこちらのページをご覧ください。勝手に登録された理由や対処法をまとめて解説していますので、内容を把握したうえで対処すれば、解約可能ですし、返金もしてもらえます。

数量は、カートに入れる時点でも指定できますし、レジに進んでから変更することもできます。

カートに入れると在庫が確保できるのか、カートに入れたあとに値段が変わったら?などについてはこちらの記事をご参考にどうぞ

Amazonのカートに入れると在庫は確保できる?値段が変わったら?
Amazonで買い物、欲しい商品があったらカートに入れてお買い物をしますが、カートに入れたあとのことも気になりますよね。そこで、こちらでは、カートに入れたら在庫の確保になるか、価格変動は?といった疑問から、「あとで買う」の使い方などご紹介します。

カートに入れたけど、やっぱり買うのやめた!というときは、カートから削除しておきましょう。削除方法はこちらでご紹介しています。

Amazonのカートを空にする方法、削除しないでうっかり決済?
amazonで欲しい商品をカートに入れて、その後決済せずそのまま放置する、なんてことはよくありますよね。 すぐに削除しておけば問題はないのですが、これ、結構うっかりやってしまうんです。 カートの中身を削除しないでそのままにしておくと、思わぬ...

Amazonの購入 レジに進んで送付先や支払い方法を指定

Amazonで購入したい商品をカートに入れたら、次は「レジに進む」ボタンでレジに進みます。

レジに進むと、改めてログイン画面が出ますので、パスワードを入力してログインします。

Amazonで購入した商品の送付先を指定する

次にお届け先住所の選択画面が表示されるので、ここで届け先を選択または入力します。

コンビニ受け取りができる商品については、この住所の選択画面で「受け取りスポットを探す」というメニューが表示されるので、住所や目印などでコンビニなど指定します。

コンビニ受け取りなどの指定方法はこちらの記事をご参考にしてください。

Amazonの店頭・コンビニ受け取りの住所設定方法 やり方は?
amazonのお買い物、コンビニ受け取りにしたいんだけど、やり方がわからない!コンビニの住所をどうやって設定すればいいの? 今回は、Amazonの店頭受取、コンビニ受け取りの設定方法について、PCの場合、スマホの場合、それぞれ図解入りでわか...

Amazonで購入した商品の支払い方法を指定する

Amazonでは、商品の支払い方法として、クレジットカードやAmazonギフト券、コンビニ払いや代引きなど、いろいろあります。

ですが、Amazonでは、商品によって、利用できない支払い方法があるのがちょっとわかりにくいところ。

例えばコンビニ払いが利用できない商品もあったりします。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

Amazonでコンビニ支払いできない!選択できない理由と対処法
Amazonでコンビニ支払いが選択できない!とお困りではないですか?Amazonではコンビニ支払いできない商品もあります。このページでは、Amazonでコンビニ支払いが選択できない理由から対処法まで、詳しく解説します。Amazonのお買い物をスムーズに、もっと便利に使いこなしましょう。

Amazonでは、代金引換払いだと手数料がかかります。

Amazonは代金引換払いの手数料が高い!無料にする方法は?
Amazonの代金引換払いには手数料がかかります。場合によっては数千円の手数料がかかることがあるってご存知ですか?このページではAmazonの代引き手数料について、実際に高額な手数料になる事例を紹介しながら詳しくわかりやすく解説します。無駄な手数料を支払わなくて済むように対処法もお伝えします。

個人的なおすすめは、Amazonギフト券の現金チャージの利用です。Amazonギフト券の現金チャージを利用すると、チャージするだけでポイントがもらえるので、コンビニ払いや代引きよりお得なんです。

ギフト券と聞くと、人にプレゼントするというイメージですが、自分で利用するためのチャージができるんです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Amazonギフトカード最新おトク情報|ギフト券でポイントゲット
Amazonギフト券をお得に利用していますか?このページでは、現在実施中のAmazonギフト券でポイントゲットできるキャンペーン情報を紹介しています。Amazonでのお得なショッピングにお役立てください。

Amazonのクレジットカードや現金払い、コンビニ払いなど、各種支払い方法については、こちらのまとめ記事をご覧ください。

Amazonの支払い方法の困った!ここで解決♪
Amazonでの支払いというと、 支払い方法の選択、支払い方法の変更、削除、プライム会費の支払い、クレジットカードの登録方法、ギフト券の支払い方法 などなど、支払いに関することってたくさんあります。 そこでこちらでは、Amazonでの支払いに関するあれこれの記事をまとめました。

Amazonの初めての買い物 あとは届くのを待つだけ

Amazonの初めての買い物、注文が完了したら、あとは配送を待つだけとなります。

Amazonの配送は、いろいろな業者が行っているので、地域にもよりますし、特に首都圏などではどの業者が宅配してくれるかは決まっていません。

配送や送料、配達時間、置き配、住所を間違えてしまった場合、などについては、こちらのまとめ記事をご参照ください。

Amazonの配送や配送料に関すること【まとめ】
amazonは注文合計が2000円以上になると、送料が無料になります。 ですが、例外もあるので、ちょっとここがわかりづらい! こちらでは、送料の他、配送オプションなど、amazonの配送でわかりづらいところをひとつずつ、ご紹介します。

何らかの理由で注文をキャンセルしたい!というときは、以下の記事を参考に、迅速にキャンセル手続きを済ませましょう。

Amazonの注文キャンセル方法|基本ルールから手続き手順まで徹底解説
Amazonの注文キャンセルに関する基本ルールや手続き方法をわかりやすく解説します。間違いなくキャンセルを行いたい場合のポイントや注意点まで、購入前後の流れと共に詳細にお届け。安心してショッピングを楽しみたい方必見の情報満載です。
スポンサーリンク

Amazonプライム会員について

無料アカウントを作成すれば、Amazonでお買い物できますが、有料のプライム会員という会員制度もあります。プライム会員とは、会員限定の特典を利用できる有料サービスです。

プライム会員は月額料金600円(税込)、学生向けのプライムスチューデント(月額300円・税込)もあります。

プライム会員特典

プライムスチューデント特典

プライム特典について詳しくは以下の記事でも紹介しています。

Amazonプライム会員になるとどうなる?会費の価値あり?何がお得なの?
Amazonプライムって会員って会費払う価値ある?というあなたに、プライム会員の内容についてまるっとまとめて解説します。プライム会員で年会費や月額料金を払うメリットとデメリット、しっかりチェックしておきましょう。
スポンサーリンク

Amazonで買うときの注意点

Amazonで商品を購入する際には、以下の4つの点に注意しましょう。

  • Amazon以外の出品もある
  • 評価の悪い出品者を避ける
  • 最終の注文価格を確認する
  • 支払い方法の選択について

以上の注意点を順に解説します。

Amazon以外の出品もある

Amazonで商品を購入する際に気をつけることは、Amazonには「Amazonが販売する商品」と、「出品者が出品する商品」があるということです。

Amazonで販売されている商品には大きく分けて、以下の2つの種類があります。

  • Amazonが販売する商品
  • Amazonではない出品者が出品する「Amazonマーケットプレイス」の商品

Amazonが販売する商品は、商品詳細ページの[カートに入れる]ボタンの下に販売元として「Amazon.co.jp」と記載されています。出品者が出品する商品の場合、販売元にはAmazon以外の出品者名が表示されています。

「販売元 Amazon.co.jp」の表示

Amazon.co.jpが販売しているのは全て新品です。一方、出品者が販売するAmazonマーケットプレイスでは、新品、再生品、中古品、コレクター商品が扱われています。

Amazonの買い物に慣れるまでは、販売元がAmazonである商品のみ購入しておけば、サポートもしっかりしているので安心です。

Amazonでは、Amazonが販売する新品商品と出品者が出品する新品や中古品が混在している点が、初心者の方にとってわかりにくい部分といえるでしょう。Amazonが販売する商品と、出品者が出品する商品の見分け方については、以下の記事でも詳しく解説しています。

AmazonとAmazonマーケットプレイスの見分け方
Amazonで販売しているものは、大きくわけて2種類あります。 Amazon.co.jpが販売するもの マーケットプレイスの出品者が販売するもの Amazonではマーケットプレイスの商品も混在しているので、仕組みを理解していない方にとっては...

マーケットプレイスの商品を購入する際に注意すべき点については、以下の記事を参考にしてください。

Amazonマーケットプレイスとは?購入しても大丈夫?送料まとめて安くなる?
Amazonのマーケットプレイスという出品者が販売する商品、これって購入しても大丈夫かな、転売品じゃないのかな、トラブルにならないかな、なんて心配ではないですか?こちらでは、Amazonのマーケットプレイスとは、実際購入するときに注意すべきことなどご紹介します。

評価の悪い出品者を避ける

Amazon以外の出品者も、Amazonのルールを遵守して出品していますが、中には評価の良くない出品者もいます。

出品者の評価は、出品者名の下に表示されます。または、販売元の出品者名欄をクリックしても閲覧可能です。実際の表示を見てみましょう。

以下は、中古本の出品を表示させた画面です。Amazon出品者スコアが表示されています。以下の出品者は過去12ヶ月間の評価がすべて★4か★5の高い評価だったということ。ライフタイム評価数というのは、これまでに受けた評価の数ですので、販売実績もわかります。

Amazon出品者スコア★5

以下の出品者の出品者スコアは★4です。過去12ヶ月で70%の方が★4か★5の高い評価をしていますが、その他の方は★1~3の低い評価だったことがわかります。

Amazon出品者スコア★4

出品者スコアが★3になると、評価を入れたほぼ半数の方が★1~3の低い評価をしたことがわかります。

Amazon出品者スコア★3

Amazonで出品者の商品を購入する際には、Amazon出品者スコアをチェックし、できれば★5の出品者から購入すると安心です。

Amazonの評価については、以下の記事もご参照ください。

Amazonの評価って必ず?星の数でこんなことになるなんて!
Amazonで買い物をすると、後日メールで、「先日のお買い物はいかがでしたか?評価してください」というような内容のメールが届きます。 Amazonで商品を購入したら、Amazonの評価ってしないとダメなの?特に不満はなかったけど、こんなとき...

最終の注文価格を確認する

商品価格がほかの出品者よりかなり安いのに、その分、送料を高額に設定しているような出品もあります。

例えば、10,000円程度の相場の商品を5,000円の価格で販売して、送料を5,000円にするような、悪質なケースもあるのです。

商品の注文を確定する前に、必ず注文内容のご請求額欄で商品価格と配送料等を1つずつチェックしましょう。

注文確定画面のご請求額表示

Amazonの送料については、以下の記事でも詳しく解説しています。

Amazonで2,000円以上なのに送料が無料にならない理由は?
配送料無料だと思って購入したのに、送料負担があるなんて納得いかないですよね。ですが、Amazonではすべての注文が2,000円以上で配送料無料になるわけではありません。2,000円以上で送料無料になる条件や、2,000円以上でも送料がかかるケースを詳しく解説します。

支払い方法の選択について

Amazonでは、クレジットカードのほか、コンビニ払いや電子マネー払い、ペイディなど各種決済方法を利用できますが、出品者が発送する商品(プライムマークのない出品)の場合は、一部決済方法が利用できないことがあるので注意しましょう。

例えば、コンビニ払いや代金引換払いに対応していないこともあります。

Amazonの支払い方法に関するお困りごとは、以下の記事を参考にしてください。

Amazonの支払い方法の困った!ここで解決♪
Amazonでの支払いというと、 支払い方法の選択、支払い方法の変更、削除、プライム会費の支払い、クレジットカードの登録方法、ギフト券の支払い方法 などなど、支払いに関することってたくさんあります。 そこでこちらでは、Amazonでの支払いに関するあれこれの記事をまとめました。
スポンサーリンク

Amazonでのトラブル対処法

Amazonでの買い物で万が一トラブルが発生した場合は、以下の問い合わせ先に連絡しましょう。

販売者 発送元 問い合わせ先
Amazon Amazon Amazon
出品者 Amazon Amazon
出品者 出品者 出品者

買い物でトラブルが発生した場合は、注文履歴画面またはヘルプ画面から、Amazonまたは出品者へ問い合わせが可能です。

Amazonの注文履歴画面

Amazonヘルプ

出品者に連絡をしても対応してもらえない場合は、Amazonに問い合わせすれば対応してもらえます。

Amazonへの問い合わせ方法について詳しくは、以下の記事で解説しています。

Amazonへの問い合わせ方法、電話番号 その他の方法を図解で解説
Amazonに問い合わせをしたいとき、電話番号、その他の方法について、画像キャプチャ入りでわかりやすくご紹介しています。 困ったとき、自分で解決できないときは、Amazonに直接問い合わせてみましょう。
スポンサーリンク

Amazonのメリット

Amazonは使いやすく利用者も多いECサイトです。

  • すぐに商品が届く
  • 商品の最安値が探しやすい
  • 2,000円以上で送料無料(プライムマークの商品のみ)

すぐに商品が届く

Amazonのいいところは、基本的に届くのが早いことです。

Amazon発送のものであれば、1日2日で手元に届くので、助かります。

商品の最安値が探しやすい

商品の最安値を探しやすいのもメリットですね。

Amazonでは、まず商品が登録されていて、それを販売するAmazonや出品者がそれぞれの価格を表示するスタイルとなっています。

例えば楽天やヤフーショッピングだと、いろいろなショップで同じ商品が販売されていて、送料などもショップによって大きく異なります。

Amazonでは、Amazonや出品者から複数の販売がある場合、送料込みでの最安値から順に表示される仕様となっているので、その商品の最安値もひと目でわかります。

たとえば、人気のゲームソフト「どうぶつの森」の新品はたくさんの出品がありますが、価格は出品者ごとに異なり、この時点で撮ったキャプチャは以下のようになります。

送料込みの合計金額で安い順に並んで表示されます。Amazonの価格表示は税込みとなっています。

Amazonで販売している商品の新品を抽出、価格が安い順に並んでいる画像キャプチャ

楽天とかヤフーショッピングだと、送料込みの商品もあれば、別途送料が必要な商品もあったり、送料無料の条件がショップごとに違っていたりして、それぞれのページを開いて確認するのは非常に面倒。そのうちめんどくさくなっちゃうんですよね。

だから、購入したいものが決まってるときは、Amazonが利用しやすいです。

2,000円以上で送料無料(プライムマークの商品のみ)

Amazonのプライムマークの商品であれば、2,000円以上の購入で送料が無料となります。

Amazonはすべて税込み価格で、税込み2,000円以上が送料無料の対象です。

ただし、2,000円以上で送料が無料になるのは、プライムマークの商品のみ。出品者が販売するマーケットプレイスの出品商品は対象外で、記載されている送料がかかります。

Amazonの送料に関する困りごとは、以下の記事をご参照ください。

Amazonの配送や配送料に関すること【まとめ】
amazonは注文合計が2000円以上になると、送料が無料になります。 ですが、例外もあるので、ちょっとここがわかりづらい! こちらでは、送料の他、配送オプションなど、amazonの配送でわかりづらいところをひとつずつ、ご紹介します。
スポンサーリンク

Amazonのデメリット

Amazonで初めて買い物をする際は、何かと不安があるでしょう。デメリットも把握して、上手に利用しましょう。

Amazon利用で注意したい点を以下にまとめました。

  • サクラレビュー
  • 送料が高額な出品
  • 海外発送の商品
  • 中古品

サクラレビュー

マーケットプレイスでは、海外からの出品者もいます。中には良い評価ばかりを投稿するサクラレビューもあるので注意が必要です。

良い評価のチェックも大事ですが、悪い評価も目を通すことをおすすめします。レビューは、商品詳細ページを下にスクロールすると見られます。

Amazonのレビュー表示

送料が高額な出品

商品価格が非常に安いのに、送料が非常に高い出品をしているケースも見られます。

Amazonでは商品と送料の合計で安い順に表示される仕組みとなっていますが、商品価格のみに注目して購入すると高額な送料に気づかずに購入してしまう可能性があるので要注意です。

注文を確定する前に、配送料も含めた支払い金額をしっかり確認しましょう。

注文確定前の支払い金額の表示

海外発送の商品

Amazonには、海外からの出品者もいます。

商品の出荷元がAmazon(Amazon.co.jpまたはAmazon Japan G.K.)であれば、日本のAmazonから出荷されますが、海外出品者が出荷元となっている場合は、海外からの発送です。

特に海外製品で、お届け日が遅く設定されている場合は海外からの発送であることが考えられます。

海外出品者かどうかは、出品者名をタップして表示される、出品者情報の「特定商取引法に基づく表記」の住所等で確認可能です。日本の出品者の場合は、電話番号の先頭に日本の国番号「+81」が記載されています。「+81」以外は海外の電話番号です。

特定商取引法に基づく表記

海外出品者からの発送では、時間がかかる以外に破損のリスク等もあります。問題なく届くこともありますが、万が一トラブルが生じた場合、最初に出品者とのやりとりが必要となるので注意しましょう。

中古品

Amazonでは新品以外に中古品が売られています。Amazon.co.jpが販売元となっている商品は新品だけですが、マーケットプレイスには中古品もあることを覚えておきましょう。

中古品の場合は、「中古品」の記載があり、「ほぼ新品」「良い」「可」などのコンディションが記載されています。

新品・中古の出品を見分ける方法については以下の記事で詳しく解説しています。

Amazonの商品って安いけど、もしかして新品じゃなくて中古?
amazonを初めて利用する時、amazonの価格が安いので、中古なんじゃないか?と心配になる方が結構いるんですね。 実際、amazonでは中古品も一緒に売られています。 Amazonが販売する商品は新品のみ。 amazonマーケットプレイ...

Amazonによる販売と出品者による出品以外に、新品と中古品まで混在しているのが、初めて利用する方にとっては難しい部分でデメリットだと思います。ただ、この仕組みに慣れれば、新品も中古もまとめて比較検討できるのがメリットとも捉えられるでしょう。

Amazonで中古を購入するときの注意点については以下のまとめ記事もご参照ください。

Amazonでの中古の買い方|選び方と注意点【まとめ】
Amazonの通販サイトでは中古品も販売しています。 中古品は状態もすべて違うもの、購入するときは、信頼のおける出品者から、購入するのがベストです。 こちらで新品中古の見分け方から、中古品の上手な選び方までご紹介しています。あなたのお買い物のサポートになれば嬉しいです。
スポンサーリンク

Amazonで安全に買い物を楽しもう!

初めてのAmazon利用で不安がある方向けに、購入までの手順や、注意点などご紹介しました。

まずは無料のアカウントを作成し、欲しい商品をカートに入れ、配送先や支払い方法を入力するだけ。

マーケットプレイスの出品商品との見分け方など難しく感じるかもしれませんが、販売元がAmazonの商品を購入するように意識していれば簡単です。多くの一般的な商品はAmazonが販売しています。

Amazonで随時開催されているタイムセールクーポンを活用するとおトクに購入可能です。

プライムデーやブラックフライデー等、定期開催のビッグセールもチェックしておきましょう。

Amazonセールはいつ?定番セール&年間スケジュールまとめて紹介
Amazonでは例年、定番のセールが開催されています。いつが安いのか、どのセールで買うべきなのか、セールの日程が気になりますよね。このページでは、Amazonセールの年間スケジュールや、さらにお得にセールを攻略する方法など、まとめて紹介します。Amazonのセールを活用して目玉商品をよりおトクにゲットしましょう。

Amazon

コメント