Amazonの配送や配送料に関すること【まとめ】

本コンテンツはプロモーションが含まれます。

Amazonは注文合計が2000円以上になると、送料が無料になります。

ただし、対象となる商品とならない商品があるなど、初めての方には分かりづらい点も多々あるでしょう。

こちらでは、送料の他、配送オプションなど、amazonの配送でわかりづらいところをひとつずつ、ご紹介します。

Amazonの配送に関すること

複数の商品を注文したらまとめて届くのか、送料は安くなるのかについては、以下の記事をご覧ください。

Amazonで複数購入するとまとめて届く?送料はどうなる?
通販サイト、amazonでのお買い物、いくつかカートに欲しいものを入れてみたけど、どうやら購入するお店の名前がそれぞれ違うし、これってまとめて届く? 送料はどうなるの? 今回は、amazonでのお買い物の、こうした疑問についてご紹介したいと...

Amazonの配送料は無料になるのならないの?

Amazonの配送料は、2,000円以上なら無料とシンプル。ただし例外がありちょっと複雑。

Amazonで初めて買い物をする際は、誰でも配送料無料になります。初めての買い物に関して、購入金額に関わらず通常配送料無料で購入可能です。

では、そのほかのケースで送料がどうなるのか詳しく見ていきましょう。

2,000円以上でも送料がかかる理由は?

「2000円以上購入したのに、送料がかかる!無料にならない!」という場合は、対象外の商品を購入している可能性があります。以下の記事を参考に対象外かどうか確認してください。

Amazonで2,000円以上なのに送料が無料にならない理由は?
配送料無料だと思って購入したのに、送料負担があるなんて納得いかないですよね。ですが、Amazonではすべての注文が2,000円以上で配送料無料になるわけではありません。2,000円以上で送料無料になる条件や、2,000円以上でも送料がかかるケースを詳しく解説します。

プライム会員なのに送料がかかる?

Amazonでは、プライム会員になっていても送料が無料にならない場合があります。

無料になる場合とならない場合について、以下の記事で詳しく解説しています。

Amazonプライムで送料が無料になる場合とならない場合徹底解説【最新】
Amazonの送料はちょっとわかりにくい部分があります。プライム会員でも送料が無料になる場合とならない場合があるんです。2,000円以下なのに配送料手数料がかかるとか謎ですよね?無料会員との配送料の違いなどまとめて分かりやすく解説します。

プライムスチューデントは送料無料?

プライムスチューデントになればなんでも送料無料になるわけではありません。プライムスチューデント会員の方はこちらの記事をご参照ください。

プライムスチューデントで送料は無料?対象外もあり?
Amazonでは、通常、Amazonが発送する商品の注文金額が2,000円未満の場合、配送料が410円かかります。 今回は、この送料について、プライムスチューデント会員はどうなるのか、についてご紹介します。

中古本のまとめ買いで送料無料になる?

Amazonの中古本は、1点ずつ送料がかかります。まとめ買いで送料が安くなったり無料になったりしないのかについては、以下の記事で詳しく解説しています。

アマゾン 中古本のまとめ買いで送料は?同じ店なら安くなる?
アマゾンで中古本をまとめ買いしたいんだけど、送料ってどうなるの?まとめて届く?それともバラバラに届く? 今回は、こんなアマゾンの中古本、まとめ買いについての疑問や不安、あれこれについてご紹介します。 アマゾン 中古本のまとめ買い 送料は? ...

沖縄や離島への送料は?

沖縄や離島への送料について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Amazonは沖縄や離島への送料も無料なの?マーケットプレイスの送料確認方法は?
Amazonの送料無料は、2,000円以上なら無料ですが、沖縄でも無料?というのが気になるところ。 今回は、沖縄や北海道、離島でAmazonに注文したときの配送料についてご紹介します。

Amazonの送料を無料にする裏技

2000円未満でかかる送料400円をなんとしても節約したい場合は、裏技を使って、2000円未満の注文でも送料無料にしましょう。具体的な方法は以下の記事で紹介しています。

Amazonの送料を無料にする方法|プライム会員で特典も活用しよう
Amazonでは、2,000円未満のお買い物だと送料が400円かかります。近年では送料も値上がりしていてやむを得ない面もありますが、できれば送料無料でお買い物したいですよね。このページではAmazonの送料を節約する方法をまとめて紹介します。

Amazonの配送オプション

Amazonの配送オプション、上手に使うととっても便利。
どんなオプションがあるのか、こちらで見てみましょう。

Amazonの配送オプションを解説!選べない理由も丸わかり
Amazonには、お急ぎ便やお届け日時指定便といった配送オプションがありますが、利用できる商品と利用できない商品があり、戸惑う方もいらっしゃるでしょう。このページでは、Amazonの配送オプションについて、選べない理由なども含め、わかりやすくご紹介します。

代引きは高い?

代引きは、荷物の受け取りとお支払いが同時にできて便利なんだけど。複数注文では特に注意ですよ。

Amazonは代金引換払いの手数料が高い!無料にする方法は?
Amazonの代金引換払いには手数料がかかります。場合によっては数千円の手数料がかかることがあるってご存知ですか?このページではAmazonの代引き手数料について、実際に高額な手数料になる事例を紹介しながら詳しくわかりやすく解説します。無駄な手数料を支払わなくて済むように対処法もお伝えします。

何時に届く?

Amazonの注文の時間指定にオプションの利用が必要です。詳しくはこちらでどうぞ

Amazonの配達で時間指定する方法|通常配送で届く時間帯は?
Amazonで商品を購入する場合、配送の日時指定をする方法は2つあります。Amazonを初めて利用する方にもわかりやすく、画像付きで手順もわかりやすく解説します。Amazonでの快適なショッピングにお役立てください。

コンビニ受け取りやAmazon Hubという選択肢もある

Amazonでは、コンビニ受け取りやAmazon Hubで、自宅以外で受け取る方法もあります。

Amazonの店頭受取 コンビニ受け取り【まとめ】
Amazonの注文では、店頭受取という配送オプションを利用できます。 店頭受取だと、コンビニやヤマト運輸の窓口に自分で取りにいけるので、時間の調節が難しい場合、家族に内緒で商品を受け取りたいとき、などに便利ですよね。 こちらでは、このAmazonのコンビニ受け取りについての記事をまとめています。
Amazon Hubとは?場所や保管期間は?手数料はかかるの?
Amazonで注文したいけど、受取がわずらわしい、時間を合わせるのが面倒、ってことありますよね。 そうした配送や受取の手間を省くべくスタートしたAmazonの「Amazon Hub」。 今回は、Amazon Hubとは、どんなサービスなのか、どこで受け取れるのか、保管期間はどれくらいなのか、手数料などについて、などなどご紹介します。

Amazonの置き配が便利

Amazonでは玄関先などへの置き配という選択肢もあります。

Amazonの置き配 玄関先などに指定 対象エリアは?盗難対策は?
amazonからの配達、不在時に置き配してもらうという選択肢があります。せっかくすぐに届けてもらえるんだから、より効率的に受け取りたい!という方に便利な置き配。こちらでは、Amazonの置き配について、玄関先などの指定、対象エリア、盗難に関することなどなど、まとめてご紹介します。

住所を間違えたら?

やばい!住所を間違えて注文しちゃった!!ってときは以下の記事をご覧ください。

Amazonに注文で発送先住所に間違いが!どうしたらいいの?
Amazonで商品を注文して、発送先の住所を間違えちゃった!どうしたらいいの?? 今回はAmazonの注文で住所を誤入力してしまった場合の変更について、いつまで可能なのか、間に合わなかった場合はどうするか、などについてご紹介します。 Ama...