amazonギフト券 チャージ方法と支払い 反映やキャンセルは?

Amazonギフト券のチャージタイプは、自分用に便利なギフト券。

こちらでは、Amazonギフト券 チャージタイプの購入方法、チャージのやり方、反映はいつなのか、キャンセルはできるのか、また、Amazonのチャージを利用するメリット・デメリットについてもご紹介します。

スポンサーリンク

Amazonギフト券のチャージタイプのチャージのやり方・方法

Amazonギフト券のチャージは、PCでもスマホ等のアプリからも簡単にできます。
まずはAmazonギフト券のチャージタイプのページから、金額を指定して注文します。

Amazonギフト券 チャージタイプ

スマホアプリでの画面ではこちら

Amazonギフト券チャージタイプ スマホでの注文画面

PCの画面ではこちら

Amazonギフト券 チャージタイプ PCでの注文画面

5,000円~90,000円とスマホでは6つのボタン、PCでは4つのボタンがありますが、「1円単位での金額入力」とある入力欄に希望の金額(15円から500,000円まで)を指定することもできます。

希望の金額指定ができたら、「次へ」ボタンを。

Amazonギフト券チャージタイプの支払い方法選択画面

こちらの画面で支払い方法を選び「次に進む」をクリック。
次に表示されるのが最終確認画面です。

Amazonギフト券注文の最終確認画面

ここで、「注文を確定する」というボタンの下に、指定した金額が表示されるので、間違いないか、支払い方法など確認のうえ、注文を確定します。

支払いが完了すれば、ギフト券を購入したアカウントにそのままアマゾンギフト券残高として登録されます。

自動的に登録となるので、あとはお買い物のときにあなたのアカウントのギフト券残高を使って決済するだけです。

Amazonギフト券 チャージタイプ

スポンサーリンク

Amazonギフト券チャージの支払い方法

Amazonギフト券のチャージタイプ、支払い方法は、

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
  • クレジットカード
  • 携帯決済

の3つから選べます。

クレジットカード情報や携帯決済情報の登録をしていない場合は、クレジットカードの「カードを追加」もしくは、携帯決済の「新しいアカウントを追加」から登録して進みます。

スマホの場合は、「新しいお支払い方法を追加」からクレジットカードや携帯決済の登録ができます。

スポンサーリンク

Amazonギフト券は支払い方法によってポイントがもらえます

Amazonギフト券のチャージタイプは現金払いにするとポイントがもらえてお得なんです。クレジットカードや電子マネーでの支払いではポイント付与はありません。

スポンサーリンク

Amazonギフト券 チャージ後の反映はいつ?

Amazonの公式サイトでは、

チャージした金額はギフト券の残高に自動的に加算され、10分以内に利用できますが、残高の更新に4時間程度かかる場合もあります。

とあります。

私はギフト券のチャージはクレジットカードでも現金でもしたことがありますが、いつもすぐ、コンビニなら5分ほどで反映されます。
支払い方法によっては、反映に時間がかかることもあるので、前もって準備しておきましょう。

Amazonギフト券 チャージタイプ

スポンサーリンク

Amazonギフト券の残高や履歴の確認方法

Amazonギフト券の残高や履歴を確認する方法はこちらで詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

Amazonギフト券のキャンセルや返金

Amazonギフト券細則によるとAmazonギフト券は、一度購入するとキャンセルや返品、返金ができません。

(例外として、Amazonギフト券のEメールタイプで、送信予定の2日前まではキャンセル可能)

チャージタイプのAmazonギフト券を購入したら、そのアカウントで使うしかありません。他のアカウントに移行や譲渡をすることもできません。

スポンサーリンク

Amazonギフト券のチャージタイプの使い方

Amazonギフト券のチャージタイプは、自動的にギフト券残高が登録となるので、あとはレジに進んで、支払い方法の画面でギフト券残高を指定ればOK。

詳しい使い方はこちらでご紹介しています。

Amazonギフト券のチャージ額だけで不足する場合についてはこちらでご紹介しています。

スポンサーリンク

Amazonギフト券 おつりはどうなるの?

Amazonギフト券を使用して残った分は、登録したアカウントにギフト券残高として残っています。有効期限は発行日から10年間、次回のお買い物で使うことができます。

スポンサーリンク

Amazonギフト券のチャージタイプを使うメリットは?

Amazonギフト券を自分用に購入するって、メリットあるの?という方もいるでしょう。
Amazonギフト券のチャージタイプは、

  • チャージなら自動登録
  • 予算を決めてチャージできる
  • 現金チャージなら最大2.5%

といったメリットがあります。

Amazonギフト券 チャージタイプ

チャージなら自動登録

Amazonギフト券にはいろいろ種類がありますが、チャージタイプ以外はすべてギフト券番号をアカウントに登録というひと手間がかかります。

ですが、Amazonギフト券のチャージタイプは、ネットで注文、入金すれば自分のアカウントに自動的に登録されます。

予算を決めてチャージできる

Amazonのギフト券のチャージタイプなら、あらかじめ予算を決めて購入しておくことができます。

クレジットカード払いで購入すると、クレジットカード会社からの明細がくるまで1ヶ月程度かかり、何を買ったのか、忘れてしまっていたり、うっかり使いすぎることもあるものです。

また、コンビニ払いなど、前払いの支払い方法を選んだ場合は、支払いが完了しないと商品を確保してもらえないですし、発送が通常より遅くなったり、お急ぎ便が利用できなかったりします。

現金チャージなら最大2.5%

さらに現金チャージをすれば、最大2.5%のポイントが付与されるのはお得。例えば楽天カードで購入しても、還元率は1%ですから、それを考えたら現金チャージ、知らないと損ですよね。

ギフト券のチャージ残高は、いつでもあなたのアカウントからリアルタイムで確認が可能、
もちろん、チャージの際、手数料など余計な費用は一切かかりません。

Amazonギフト券 チャージタイプ

スポンサーリンク

Amazon ギフト券のチャージタイプを使うデメリットは?

Amazonギフト券は、購入後のキャンセルができません。
一度購入したAmazonギフト券は、購入したAmazonアカウントに登録すると、それ以降、譲渡や別アカウントへの移行、換金などはできません。

ちなみに、買取サイトや格安サイトなどAmazonギフト券を取り扱うショップがありますが、そういったサイトの利用で入手や転売など行うと、Amazonのアカウント停止となる危険性もあるので注意しましょう。

ただ、キャンセルはできませんが、Amazonギフト券の有効期限は10年となっていますし、Amazonでのお買い物はもちろん、プライム会費やAmazonコインなどにも使うことができます。

スポンサーリンク

さいごに

Amazonギフト券のチャージは簡単。
支払い方法もクレジットカード以外、現金で支払う方法もあります。

Amazonで買い物したいけど、クレジットカードがない、使いたくない、といった場合は、Amazonギフト券のチャージタイプが便利です。

現金チャージすれば、金額に応じてポイントがつくし、自動的にあなたのアカウントに登録されるから、使うのも簡単です。

メリットはもちろん、デメリットもしっかり把握して、上手に賢く、お得に活用したいですね。

Amazonギフト券 チャージタイプ

 

コメント