通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonの配達、時間指定はできる?通常配送で届く時間帯は?

      2018/10/08



【今だけキャンペーン情報】
今ならAmazonギフト券、現金での初チャージで1,000円分のポイントゲット!
>>>Amazonのギフト券買うならチャージで!今なら1,000ポイント!最大3%も♪

amazonからの荷物が何時頃に届くのか、この日の何時までに受け取りたい!などという場合は、前もって確認したいですよね。

今回は、Amazonのお買い物では時間指定はできるのか、その利用方法、また、配達の時間帯を無料で指定する方法などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

amazonの配達、時間指定はできるの?

amazonでは、配達の時間指定が有料となっています。

「お届け日時指定便」というのがあり、amazonが発送する商品は税込で360円500円からの有料サービスとなっています。

500円から、というのは、

本州・四国(離島除く) 500円
北海道・九州・沖縄・離島 540円(一部対象外地域あり)

このようになっています。

お届け日時指定便の利用方法

商品を買い物かごに入れてレジに進み、送付先住所を入力すると、配送オプションというのが表示されます。↓


この中の「お届け日時指定便」にチェックを入れます。その下にある「配達時間を指定」をクリックすると、以下のようにカレンダーが出てきます。

このカレンダーで希望の日時を選ぶだけ。
送付先住所が本州なので、料金が500円と表示されています。

ここで選択した日時に指定できているか確認して、「次に進む」をクリック、最終確認画面となります。

このamazonのお届け日時指定便は、Amazonの有料会員プライム会員なら無料で利用できます。
プライム会員になっていると、さきほどの日時指定の画面でオプション料金が記載されていません。無料で利用できるので、希望の日時を選択するだけです。

プライム会員は月額400円、年払いだと3,900円でお届け日時指定便やお急ぎ便など、プライム対象商品の配送時、有料の配送オプションが何度でも無料で利用できます。

amazonの通常配送で届く時間帯はわかる?

amazonでのお買い物で日時指定を使いたいときは、このようにオプション料金がかかります。

到着予定日はわかるけど、時間がわからないのはちょっと不便という場合もありますよね。特に急いでいるような場合。

もちろん、いつでも受け取れるように自宅に居るのが一番ですが、何時に届くかわからないのに、じっと待っていられるとも限らないし。

宅配業者さんの都合もあるので、時間帯も予測がつかないのが実情です。

我が家の場合は、クロネコヤマトなら、大抵午前中、佐川急便とゆうパックは大抵夕方、という感じでほとんどの場合は届きます。

あなたの自宅でも、業者ごとにそうした大体の時間帯というのがあるかもしれませんが、それもやはり保証されているわけではありませんよね。

もし宅配業者さんが来たときにあなたが不在なら、宅配業者からの不在連絡票がポストに入ります。

業者さんによっては、当日の再配達が時間によって制限されることもあります。
自分で宅配業者に取りに行くことができればよいのですが、これも事前に営業所等に受け取りに行くと連絡しておかないと、宅配業者さんが持出し中ということもあります。

自分の都合で受け取れる方法はないの?

宅配業者が来る時間帯に合わせるのは困難というケース、よくありますよね。
宅配業者をじっと待っている暇も時間もない。でも何度も再配達じゃ申し訳ないし。とにかく自分の都合で受け取りたい!

こんな時は、コンビニなどで受け取れる「店頭受取」を利用してはいかがでしょうか。

amazonの店頭受取では、

・ファミリーマート
・ミニストップ
・ローソン
・ヤマト運輸の営業所

で荷物を受け取ることができます。

ただし、amazonで店頭受取の対象となる商品は、amazonが発送する商品。
マーケットプレイスの出品者の販売でも、amazonが発送するものなら対象となります。(一部サイズなどにより対象外の商品もあり)

ですが、マーケットプレイスの出品者が発送する商品は、対象外です。
また、amazonが発送する商品ですが、amazonのの定期おトク便も店頭受取の対象外となっています。

店頭受け取りができる商品については、レジに進み、住所を指定する画面で

このように、「Amazon店頭受取」というマークが表示されます。
これがなければ、残念ながら店頭受け取りができない商品ということになります。

この店頭受取の対象となる商品であれば、ある程度、自分の都合の良い時間帯に受け取ることができます。ただし、コンビ二に到着する時間自体を指定できるわけではありません。

また、店頭で受け取れるのには期間があり、

コンビニならAmazonから商品到着のEメールを受信した日を含む11日間、ヤマト運輸の場合は、同じくEメール受信した日を含む7日間となっていて、この期間を受け取らないまま経過すれば、自動的にキャンセルとなり返品されてしまいます。

もちろん、返金もされますが、こういったことが複数回あると、Amazonから注意を受けたり、アカウントを解除されたりなんていうことにもなりかねません。

【関連記事】
>>>amazonで何回もキャンセルするとアカウント停止?注文のキャンセルできない?できる?

スポンサーリンク

クロネコヤマトのシステムを利用する

通常、宅配業者の荷物の追跡などのサイトで、配達予定日などを把握することはできますが、時間帯の確認はやはり難しいですよね。

ですが、ヤマト運有なら、こうした受取の際に便利なサービスがあります。

ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」という無料のサービスで、この会員になっていると、いろいろなサービスを受けられるようになります。

そのサービスのなかに、「お届け予定eメール」を受け取ることもできます。

また、LINE公式アカウントで荷物のお届け予定の連絡を受け取り、それに対して日時や場所を指定できるサービスもあります。

毎週受け取りやすい曜日や時間帯、場所が決まっているときは、そこで荷物が受け取れるように設定も可能です。

もちろん、無料のサービスです。

この受取指定では、自宅はもちろん、ヤマト運輸の営業所の他に、勤務先住所や近くのコンビニなどを指定することもできます。

amazonの日時指定サービスは配送オプションで有料(500円から)ですが、ヤマト運輸のこのシステムを利用すれば無料で細やかな対応をしてもらえます。
クロネコメンバーズ(ヤマト運輸HP)

 

Amazonの発送はどこの業者から届く?

ただし、Amazonの商品発送について、配送業者を指定することはできません。

我が家では、Amazonからの荷物はいつもヤマト運輸から届きますが、地域によってこれは異なります。

amazonは複数の業者と提携していて、必ずしもヤマト運輸から届くわけではありません。

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など、その他、地域によってもいくつかの業者があり、それぞれ業者ごとに、日時等の変更ができる業者、できない業者があります。

amzon配送業者一覧

 

さいごに

amazonでは、配送オプションを利用して商品が届く日時を指定することができます。

通常であれば、500円からの有料オプション。プライム会員になれば、この有料の配送オプションが何回でも無料で利用可能となります。

プライムの無料体験中でもこの有料配送オプションは無料で利用できますので、どうしても!というときに無料体験を活用するのもひとつの方法です。

【関連記事】
>>>プライム会員の無料体験をするなら、必ずやっておくべきこと。

また、プライム会員には月額プランもあるので、必要なときに1ヶ月だけプライム会員なるのも簡単です。月額プランが400円ですから、有料の配送オプションより会員になる方がお安く済みます。ついでに他のプライム・ビデオなどの特典も楽しめば、満足度もアップですね。

>>>amazonプライムの月額プランの料金、選択方法、年会費とどっちがお得?

 

日時指定をしない場合は、お手元に届く時間帯の把握は難しいものがあります。

時間帯が把握できなくて困るという場合は、可能ならコンビニ受け取りにしてみたり、時間帯を把握する方法として、ヤマト運輸なら無料サービスのクロネコメンバーズを利用するのもありですね。

【関連記事】
>>>amazonのコンビニ受け取り、支払いは?手数料は?
>>>amazonギフト券のチャージがお得♪実際にやってみた!

 

スポンサーリンク

 - Amazon 購入