amazonのキャッシュレス決済 何が使える?簡単おすすめ2つの方法

Amazonでの注文をキャッシュレス決済したい場合、どういった支払い方法があるのか、ちょっとわかりにくいですよね。

最近でいえば、PayPayやLINE Payなどのスマホ決済でおトクなポイントがもらえるなどのキャンペーンで注目が集まっていますよね。

Amazonではこれらスマホ決済も利用可能なのかも気になるところですよね。

そこで、Amazonのキャッシュレス決済で使えるもの、キャッシュレス決済が難しいと考えてる方でも簡単にできる方法など、ご紹介します。

スポンサーリンク

Amazonのキャッシュレス決済 何が使える?

Amazonではキャッシュレス決済として

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • Amazonギフト券
  • スマホ決済
  • 電子マネー払い
  • Amazonポイント
  • パートナーポイント

といった決済方法があります。

この中でも気になるペイペイなどのスマホ決済などがどうなっているか、さらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

Amazonのキャッシュレス決済 PayPayやSuicaは使える?

キャッシュレス決済

Amazonでは、現在のところ、PayPayでの支払いはできません。

Amazonのキャッシュレス、スマホ決済等の電子決済、ネットバンキングでは以下のものが利用できます。

  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • JCB PREMO
  • d払い
  • LINE Pay
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • Pay-easy

現在利用できるのはこれらの決済方法です。

スポンサーリンク

Amazon 電子マネー、スマホ決済などの使い方は?

Amazonでこれらの電子決済を利用する場合、それぞれ決済方法が異なります。

ちなみに、携帯決済とクレジットカード決済は即時決済で決済完了後にAmazonで商品確保、発送となります。
電子マネー、ネットバンキング、Pay-easy払いについては、前払いで、支払いが完了してAmazonが入金確認できてから、商品の確保、発送となります。

この違いを踏まえたうえで、それぞれみてみましょう。

Amazonの電子マネー払いで利用可能な4つの決済方法

Amazonで

  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • JCB PREMO

は、「電子マネー払い」になります。

これら4つの決済方法は、支払い方法で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択します。

Amazon コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い指定画面
注文後に届くAmazonからの「お支払い番号お知らせメール」の電子マネーのURLを開き、そこから各電子マネーごとの指示通りにお支払いをします。

コンビニ店頭では電子マネーでの支払いができません。

また、電子マネー払いは、ひとつの電子マネーのみでの決済だけが可能です。複数の電子マネーを組み合わせたり、足りない場合は現金と合わせて、といった利用はできません。電子マネーを利用する場合は、ひとつの電子マネーに注文合計の金額全額分をチャージしておくことが必須です。

楽天Edy

Amazonでは、EdyカードもしくはEdyアプリ利用のおサイフケータイに対応しています。

Suica

Amazonでは、SuicaインターネットサービスもしくはモバイルSuicaに対応しています。

iD

Amazonでは、FeliCa搭載のおサイフケータイのみ対応

JCB PREMO

こちらは、JCBのギフトカード。チャージ可能なプリペイドカードで、ファミリーマートやローソン、ネットでも購入できます。

ただしこちらのカードは、カード発行時に手数料300円がかかります。

Amazonの携帯決済で利用可能なd払い

Amazonではd払いが利用できます。ただし、電話料金との合算払いでのみ利用可能。
d払いは、スマホやタブレットから、docomo回線で接続、手続きをすることで利用できます。

Amazonのアカウントサービスで、「お支払い方法の管理」から進み、お支払い方法を追加で「携帯決済」でdocomoを選択、docomoのログイン画面に移行して手続きを行います。

dアカウントは持っていても、docomo回線を利用していない場合、Amazonでは使えません。

Amazonのクレジットカード決済で利用可能な決済方法

Amazonで使えるクレジットカードは

  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • 銀聯(クレジットカードのみ利用可)

となっています。

また、JCBやVISAに対応したLINE Payや、デビットカードなども利用可能です。以下、LINE Payとデビットカードについてご紹介します。

LINE Pay

LINE Payのバーチャルカードもしくはプラスチックカード発行をしていれば、JCBもしくはVISAの国際ブランドがついているので、Amazonでもクレジットカードとして利用可能です。

LINE Payの使い方はこちらの記事内でご紹介しています。

デビットカード

デビットカードは、銀行が発行する審査不要のカードで、クレジットカードとほぼ同様に使えます。支払いは銀行口座から直接の支払いとなります。

普通は銀行のATMなどで口座からお金を引き出して、それでお買い物ってなるんだけど、その手間を省いて、店舗でデビットカードを出せば、口座からダイレクトに支払いができるシステム。

デビットカードでは、消費税のキャッシュレス還元については、還元額があなたの銀行口座に入ります。

例えば、私がおすすめする楽天デビットカードの場合なら、毎月1つの口座につき15,000円が上限として還元が受けられます。楽天デビットカードは楽天ポイントが貯まりやすいカードとしてもおすすめなので、重ねて得しちゃいましょう。

いまどき、定期預金にしたって増えるのはスズメの涙ほどの利息。だけどデビットカードなら、期間限定にしろ、対象店舗で買い物するだけで2%~5%口座に入るってすんごいお得気分ですよね。

楽天デビットカードのメリットデメリットについては、こちらで詳しくご紹介しています。

 

Amazon ネットバンキング支払いで利用可能な2つの決済方法

Amazonで注文後、支払い方法で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択、ネットバンキングでは、

  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

の2つのネット決済が利用できます。
注文後にAmazonから届く「お支払い番号お知らせメール」からネットバンクを選び、画面の指示通りにお支払いをします。

 

AmazonのATM払いで利用可能なPay-easy

AmazonではPay-easyも対応しています。
Pay-easyのロゴマークがついたATMで支払いができます。

Pay-easyでの支払う場合は、Pay-easyロゴのあるATMで

収納機関番号 ⇒ 58021
確認番号 ⇒ 8888
お客様番号 ⇒ Amazonから届く「お支払い番号お知らせメール」に記載 11ケタの番号

を入力して支払います。

スポンサーリンク

Amazonのキャッシュレス決済 簡単おすすめ2つの方法

おすすめ2つの決済方法

ここまでAmazonのキャッシュレス決済で利用できる電子マネーなどについてご紹介しましたが、あなたが利用したことのある決済方法はありましたでしょうか?電子マネーやスマホ決済は種類がありすぎて、いったいどれを使えばいいのか、お得なのか、仕組みもわかりにくくて、わからないことだらけだったりしますよね。

「いろいろあるのはわかったけど、よくわかんないから簡単で得できる方法があるなら、それをひとつ教えてよ!」という方には、以下のふたつをおすすめします。

Amazonキャッシュレス決済のおすすめ「Amazonギフト券 現金チャージ」

そんなあなたには、簡単でお得なキャッシュレス決済、「Amazonギフト券」をおすすめします。

Amazonでのお買い物なら、Amazonギフト券、それも現金チャージが簡単でお得。

Amazonギフト券の現金チャージには、

  • 現金チャージ額に応じてポイント付与
  • ギフト券現金チャージの購入方法が簡単
  • 15円から1円単位、好きな金額で購入できる
  • Amazonでのほとんどの買い物に利用可能
  • 現金支払いでキャッシュレス決済ができる
  • 有効期限は10年
  • クレジットカードなしでも買い物できる

といったメリットがあります。

特にこれまでコンビニ払いをしていた方にはメリットしかありません。

 

 

ただし、Amazonギフト券は、Amazonでしか利用できないというデメリットがあります。Amazonでも、Amazon以外でも、そして街中でもキャッシュレス決済を使いたい方には次にご紹介する楽天Edyがおすすめです。

Amazon以外でのキャッシュレス決済にも使えるおすすめ「楽天Edy」

楽天Edyは楽天の電子マネー。
楽天Edyは、楽天カードからのチャージで200円ごとに1ポイントもらえます。

こちら、スマホがなくても使えるので、キャッシュレスに苦手意識のある方でも使いやすい方法です。

楽天Edyを使用するには、いくつか方法がありますが、一番おトクなのは「楽天カード Edy機能付き」を作ることです。

楽天カードを初めて作る場合なら、

  • カード作成で5000ポイントプレゼント
  • Edy機能付きで申し込みするとEdy500円分プレゼント

といった特典が付くのでとってもお得。
ただし、すでに楽天カードを持っている場合はこの特典はもらえません。

それでも、楽天Edy機能付きの楽天カードを持っていれば、

  • 楽天Edyへのチャージが楽天カードでできる
  • 楽天カードからのチャージでポイント付与
  • 楽天Edyの買い物で楽天スーパーポイントが貯まる
  • 楽天市場の利用でも楽天ポイントが優遇される
  • 楽天Edy対応の店舗でもキャッシュレス決済に利用できる
  • 楽天Edyで最大5%の消費税キャッシュレス還元も受けられれる
  • 楽天スーパーポイントを楽天Edyにチャージ可能
  • 楽天ポイントが使いやすい

電子マネーが初めて、クレジットカードが初めて、スマホ決済は気が進まない、という方は特に、楽天カードのEdy付きがおすすめ。クレジットカードとしても使えるし、Edyにチャージしていれば、電子マネーとして使えます。

楽天カードのEdy付きは、楽天カードの申し込み画面でEdy機能付帯を希望するだけ。もちろん、付帯は無料です。

楽天カード 詳細はこちら

スポンサーリンク

さいごに

Amazonでのキャッシュレス決済、いろいろ方法がありますが、Amazonに特化するなら、チャージするだけでポイントがもらえるAmazonギフト券の現金チャージが簡単でお得です。

 

 

また、Amazon以外でも楽天や店舗でもキャッシュレス決済の手段として迷っているなら、楽天カードのEdy機能付きがおすすめ。幅広く使えて、楽天ポイントが貯まりやすく、そのポイントも使いやすいのが特徴。

ポイントが貯まったのに使い方がよくわからないというものもありますが、楽天ポイントは楽天の通販でももちろん使えるし、そのほかの楽天グループのサービスにも使えます。

例えば楽天トラベルで旅行費用として使ったり、楽天の雑誌読み放題「楽天マガジン」の毎月の支払いに使うこともできます。楽天ポイントはポイントが貯まりやすく、利用範囲も広いのがおすすめポイントです。

楽天カード 詳細はこちら

 



プライム会員になる?ならない?

Amazonのプライム会員って、会費まで払って何かお得なの?
通販のサイトに会費を払う意味ってあるの?

私tukiも最初はそう思ってました。
でも、気づけば、すでに年払いで6回も更新してました。

ってことで、プライム会員6回更新中の私からの視点で、改めて、Amazonプライム会員についての魅力や、デメリットなどまとめました。

プライム会員を6年も更新してる理由&プライム会員特典や料金 最新情報はこちら!




コメント