スポンサーリンク

楽天カードのメリット、デメリット amazonでの利用は?

お買い物
そのお買い物ちょっと待って!
今ならAmazonギフト券キャンペーン中で初の現金チャージでもれなく1000ポイント♪
ギフト券の現金チャージは最大2.5%のポイント!コンビニ払いや代引きで損してない?
 

楽天カードは年会費永年無料、比較的気軽に作れるクレジットカードです。

通販の楽天はもちろん、Amazonのお買い物にも利用できます。

ところでこの楽天カード、どんなカードなのか。
Amazonでの利用時のポイントはどうなるのか。
といったところも気になりますよね。

今回は、楽天カードのサービス内容についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

楽天カードのメリット

楽天カードのメリットといえば、

  • 年会費永年無料
  • ポイントが貯まりやすい
  • ポイントアップキャンペーンが多い
  • ポイントの使いみちが幅広い
  • 1ポイント単位で利用可能
  • ポイントでの支払いにもポイント付与

楽天カードは年会費永年無料
手数料はかかりませんが、ポイントが貯まりやすいカードです。

ポイント還元率は通常1%ですが、楽天グループでのお支払いの他、街の店舗でのお支払いでもポイントが2倍、3倍となるのが特徴。

楽天カードには、楽天ポイントと楽天Edyの機能が付帯していて、街中でもこれらの利用が簡単にできます。

最近では楽天ポイントの対象となるショップも増えています。

 

スポンサーリンク

Amazonでの利用は?

Amazonでのお買いものであれば、通常の1%還元となります。
Amazonで使う分には、一般的な還元率ですね。

Amazonばかりでなく、楽天や街中でのショッピングにも活用する方向けのカード。

楽天や街中の店舗より、断然Amazonでの利用頻度が多い、という方は楽天カードよりAmazonのMasterCardクラシックやAmazonのMasterCardクラシックゴールドのほうが向いていると言えますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天カードのデメリット

・ETCの付帯がランクによって無料か540円

楽天カードにがETC機能を付帯することができますが、こちらランクやカードランクによっては会費無料で利用できます。

ダイヤモンド・プラチナ会員なら会費無料。

また、プレミアムカード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ブラックカードでの付帯であれば年会費無料となっています。

こちらに該当しない場合は、会費が540円かかります。

 

スポンサーリンク

楽天カードはポイントがポイント!

楽天カードは、ポイントが貯まりやすいのが魅力で、いろいろな場面でポイントをもらえるチャンスが。

楽天市場をはじめとした楽天のサービス利用でポイントが2倍3倍となるのはもちろん

  • 楽天銀行の引き落としで1%ポイントプラス
  • 楽天Edyへのチャージでポイント
  • 楽天Edyの利用でポイント
  • 街の提携ショップでの掲示でポイント
  • 街の提携ショップでの利用でポイント
  • ポイントで買ってもポイント

といったプラスαでもらえるポイントも盛りだくさん。

提携ショップには、コンビニ、飲食店、百貨店、家電量販店、ガソリンスタンド、ドラッグストアなど多種多様なショップがあります。

 

スポンサーリンク

楽天カードで貯まったポイントは使いやすい

楽天のポイントは、1ポイント単位で使えるのも魅力。

使いみちとしては、楽天のサービスをはじめとして、加盟店での利用も可能で、使いみちの範囲が幅広く使いやすいです。

(加盟店の中には、ポイントは付くけどポイント利用ができないお店もあります)

 

スポンサーリンク

年会費無料でも保険付き

楽天カードには海外旅行傷害保険が付いてます

ただし、条件があって、

・旅行へ行く自宅から出発空港までの公共交通機関の交通費
・海外旅行代金

このいずれかを、一部でも楽天カードで支払っていることが条件になります。

例えば、旅行代金でなくても、空港へのタクシー代や電車賃を楽天カードで払うといったことで条件を満たせます。

条件はありますが、それほど難しい条件じゃないので、これを知っておくだけでOKですね。

 

スポンサーリンク

その他の特典

年会費永年無料といいつつ、楽天カードにはまだ他にも特典があります。

  • 海外レンタカー10%OFF
  • 携帯・Wi-Fiルーターレンタル20%OFF
  • 手荷物宅配優待サービス
  • 楽天カード会員専用ラウンジ(ハワイ・ワイキキ)
  • 海外緊急サービス

こうした特典の利用も可能です。
楽天だけでなく、海外旅行をする方でも利用価値のあるカードです。

貯まったポイントはまた楽天トラベルにも使えます。

 

スポンサーリンク

さいごに

楽天カードはポイントが貯まりやすいのが最大のポイント。

Amazonでの利用では通常の1%のポイント還元となっています。
AmazonMasterCardクラシックだと、Amazonでの利用時は1.5%、プライム会員なら2%となるので、Amazonのカードの方が有利ですね。

ただ、Amazonだけでなく、楽天や街のショッピングでもカードを利用するなら、楽天や加盟店のポイントアップが大きいですね。

楽天カードは、楽天ポイントや楽天Edyも付帯しているので、それを上手に活用すると、その差はかなり大きいです。

楽天ポイントと店舗独自のポイントと、ダブルで付くショップなんかもあるので、上手に活用してどんどんポイントを増やしていきましょう。とってもトクした気分になれます。

 

 



プライム会員になる?ならない?

Amazonのプライム会員って、会費まで払って何かお得なの?
通販のサイトに会費を払う意味ってあるの?

私tukiも最初はそう思ってました。
でも、気づけば、すでに年払いで6回も更新してました。

ってことで、プライム会員6回更新中の私からの視点で、改めて、Amazonプライム会員についての魅力や、デメリットなどまとめました。

プライム会員を6年も更新してる理由&プライム会員特典や料金 最新情報はこちら!




コメント