Kindleのプレゼントはここに注意!失敗しないギフトの贈り方

本コンテンツはプロモーションが含まれます。

Kindleのプレゼントはここに注意 Kindle
Amazonプライムビデオ

月額500円で映画・ドラマ・アニメ見放題!
【プライム特典】
30日間無料

  • 無料期間中に解約すれば料金不要
  • いつでも好きな動画を見放題
  • Amazonの配送料無料特典も

Kindle端末をプレゼントしたら喜んでもらえるかな?

Kindle端末は1万円以上となかなかに高価なもので、読書のためだけに購入するのを躊躇している方もいらっしゃるでしょう。ですが、スマホアプリ等でKindle本を読んでいると目のダメージも大きいものです。

そんな方にKindle端末をプレゼントしたらきっと喜んでもらえるでしょう。

ここでは、Kindle端末を2018年から愛用し続けている筆者が、Kindle端末をプレゼントする際に知っておきたい注意点やモデル選びについて、まとめて解説します。

Kindle端末のプレゼントで失敗しないように、詳細をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

Kindle端末のプレゼントで注意すべき3つのポイント

Kindle端末をプレゼントするときに注意することってある?

Kindle端末をプレゼントにする際には、せっかくの贈り物で失敗しないためにも以下の3つの点を押さえておきましょう。

ギフト設定する

AmazonでKindle本を購入する際は、以下のようにデフォルトで「デバイスをAmazonアカウントにリンクする(簡単セットアップ)」が選択されています。

「デバイスをAmazonアカウントにリンクする」にチェックが入っている

プレゼントとして購入する場合は、必ず「ギフトの設定」を選択しましょう。

ギフトの設定

「ギフトの設定」を選択すると、そのすぐ下に以下の注意書きが表示されます。

「ギフトとして購入」をチェックしましたので、Amazonデバイスは、あなたのAmazonアカウントに登録されません。あなたのAmazonアカウントに登録したい場合は、「ギフトとして購入」のチェックを外してください。

これで、購入時のアカウントに登録されない状態で、Kindle端末をプレゼントできます。

Kindle端末を選ぶ

ギフトの設定をうっかり忘れて注文してしまった場合でも、あとから変更可能です。変更方法については後述しますが、今すぐ確認したい方は以下リンクからジャンプできます。

ギフト設定せずに注文してしまったときの対処法

広告なしを選ぶ

Kindle端末には、広告なしと広告ありの選択肢が用意されています。

広告ありのKindleは、広告を表示することで広告なしの端末より安い価格で設定されています。お得感はあるのですが、プレゼントには向かないでしょう。

広告ありの端末ではKindle本を開くときのアクションが1つ多くなります。本を読む度にストレスになるようでは、残念なプレゼントとなってしまう可能性があります。

3ヵ月のKindle Unlimitedオプションはつけられない

Kindle端末購入の際には、「3ヵ月分のKindle Unlimitedつき」の購入オプションを追加できます。

ですが、これはあくまでも購入したアカウントに紐付けれられるオプションで、プレゼントする際には追加できません。

「3ヵ月分のKindle Unlimitedつき」の購入オプションを選択すると、「ギフトの設定」の表示が消えますのでご注意を。

Kindle&Fireタブレットは「3ヶ月分のKindle Unlimitedつき」がおトク!
Amazonデバイス「Kindle」や「Fireタブレット」を購入すると、無料オプションで「3ヶ月のkindle unlimitedつき」が選択可能。読み放題が初めてでもそうじゃなくても利用できます! こちらでは、この3ヶ月のkindle unlimitedつき、kindle端末についてご紹介します。

Kindle端末を選ぶ

スポンサーリンク

Kindleのプレゼントにおすすめのモデルは?

Kindleには複数の端末があり、容量も異なります。どの端末を選んだらいいか迷うところですよね。

Kindle端末の種類と特徴、選び方等を解説します。

Kindle端末の種類は5つ

Kindle端末には、大きく分けて以下の5つの種類があります。

無印 シンプル機能でリーズナブル
Kindle PaperWhite 一番人気のモデル
Kindle PaperWhite
シグニチャーエディション
ワイヤレス充電対応
Kindle Oasis ページ送りボタン付きハイエンドモデル
Kindle Scribe 手書き入力可能なハイエンドモデル

Kindle端末比較一覧

Kindleの種類ごとの価格や特徴は以下のとおりです。

Kindle端末 無印 Kindle PaperWhite Kindle PaperWhite シグニチャーエディション Kindle Oasis Kindle Scribe
価格 14,980円~ 16,980円~ 21,980円~ 29,980円~ 入荷未定
容量 16GB 8GB/16GB 32GB 8GB/32GB 16GB/32GB/64GB
サイズ 6インチ
157.8 mm x 108.6 mm x 8.0 mm
6.8インチ
174 mm x 125 mm x 8.1 mm
6.8インチ
174 mm x 125 mm x 8.1 mm
7インチ
159 mm x 141 mm x 3.4-8.4 mm
10.2インチ
196 mm x 230 mm x 5.8 mm
重量 158g 205g 207g 188g
LED LED4個 LED17個 LED17個 LED25個 LED35個
バッテリー持続期間 最大6週間 最大10週間 最大10週間 数週間持続 数週間持続
充電ケーブル USB-C USB-C USB-C micro USB USB-C
その他の特徴
  • 防水機能
  • フラットベゼル
  • 色調調節ライト
  • ワイヤレス充電
  • 防水機能
  • フラットベゼル
  • 色調調節ライト
  • 明るさ自動調整機能
  • 防水機能
  • フラットベゼル
  • 色調調節ライト
  • 明るさ自動調整機能
  • 自動画面回転機能
  • ページ送りボタン
  • 手書き入力
  • フラットベゼル
  • 色調調節ライト
  • 明るさ自動調整機能
  • 自動画面回転機能

Kindle端末を選ぶ

おすすめは一番人気のKindle PaperWhite

Kindle端末は安くはないので、予算と相談しながら決めるといいでしょう。

予算に問題なくどれにしようか迷ったときは、Kindle端末の中でも一番人気のKindle PaperWhiteの16GBがおすすめです。防水ですからお風呂でも読書を楽しめます。

Kindle PaperWhiteには8GBもありますが、16GBとの価格差は1,000円。容量を後から追加することはできませんし、1,000円の差なら16GBを選んだほうがコスパもいいですよね。

漫画や雑誌など容量の重い本を大量にダウンロードする方であれば、32GB使えるKindle PaperWhiteのシグニチャーエディションがいいでしょう。小説など書籍を中心に読む方であれば、16GBでも数千冊分保存可能です。

ちなみに、Kindle PaperWhiteのシグニチャーエディションはワイヤレス充電が可能ですが、Kindleはバッテリーもちが非常に良いので、充電するのは1ヵ月に1回か2回です。わざわざ別売りのワイヤレス充電器を買う必要なないでしょう。

実際、筆者もシグニチャーエディションを所有していますが、ワイヤレス充電は一切使用していませんが不便もありません。

スポンサーリンク

ケースなど付属品は必要?

これは筆者の個人的な意見ですが、Kindleにはカバーよりもスマホリングやバンカーリングがおすすめです。

Kindleは本を持ち歩くよりも軽くて薄いのが便利ですが、カバーをつけることで重くなってしまいます。

目に優しい画面なので、それを台無しにするような保護シートも貼っていません。

Kindle端末は画面が大きくフラットなので、背面にリングを取り付けていると非常に読みやすくなり、落とすようなこともありません。

スポンサーリンク

Kindleプレゼントの感想口コミ

Kindle端末をプレゼントしたりされたりした方の、参考になる口コミも紹介します。

老眼のお父さんにプレゼント

Kindleは文字のサイズを自在に調節可能で、老眼の方でも読みやすくて本当に便利です。

KindleはAmazon以外でも購入できますが、Amazon以外では広告ありの端末しか販売していません。プレゼント用として購入する際はAmazonで購入したほうがいいですね。

本は紙派の人でもKindleは便利

https://twitter.com/mappyinME/status/1753469985379229888?ref_src=twsrc%5Etfw

本を簡単に入手できないときにKindle端末があれば強い味方になりますね。端末でダウンロードを済ませておけば、Wi-Fiの届かないどんな環境でも読書が楽しめます。

使えるかどうか心配

プレゼントするお相手によっては、使いこなせるかどうか心配なことも。でも、使い方を教える、そのコミュニケーションだけでもプレゼントになりそうですね。

電子書籍は合わない人もいる

「本は絶対に紙派!」という方には、Kindle端末のプレゼントは避けたほうがいいかもしれません。事前にさりげなく好みをリサーチできるといいですね。

本は紙派!の私が電子書籍を手放せなくなった7つの理由 メリット デメリット
本は絶対紙派!と電子書籍を完全否定していた私。 ですが、最近は電子書籍を中心に読むようになりました。 なぜ本は紙派、という私が電子書籍を読むようになって定着してきたのか、紙と電子書籍のメリットデメリットなど改めて考えながら、ご紹介します。
スポンサーリンク

ギフト設定せずに注文してしまったときの対処法

Kindle端末をプレゼントとして購入する際に、ギフトの設定をしないと、自分のアカウントと紐づけされた状態で届いてしまいます。

うっかりギフト設定をせず注文してしまった場合でも、対処可能です。

発送前と発送後でやり方が異なりますので、それぞれ解説します。

発送前にできる対処法

Amazonの注文履歴にアクセスし、該当の注文でギフト設定を更新すればOKです。

発送後にできる対処法

すでに発送されてしまった場合は、相手先に配送が完了する前に以下の手順で、自分のアカウントから端末の登録を解除しましょう。

Amazonアカウントサービス→[コンテンツと端末の管理]→「端末」タブを選択→該当する端末を選択して[登録解除]をクリックで解除完了
スポンサーリンク

中古のKindle端末をプレゼントする際の注意点&リセット方法

使わなくなったKindle端末を人にプレゼントしたり譲渡したりすることもあるでしょう。その場合の注意点を見ていきましょう。

端末をリセットを忘れずに

自分が利用しているKindle端末を人にプレゼントする場合は、相手の方がスムーズに使い始められるように、端末を工場出荷前の状態にリセットします。

リセットすれば、それまでに使用していたアカウントの個人データやダウンロードしたコンテンツ、設定した内容がすべて削除されます。

端末のリセット手順

Kindle端末のリセット方法は、以下のとおりです。

Kindle端末のホーム画面を下にスワイプ→[すべての設定]→[端末オプション]→[工場出荷時の設定にリセット]をタップ→メッセージが表示されたら[リセット]をタップ

これで、どのアカウントとも紐づいていない状態になるので、新たなユーザーのAmazonアカウントでログインすれば、自分専用の端末として安心して利用できます。

スポンサーリンク

Kindle以外の電子書籍リーダーは?

Kindle以外にも楽天koboなど電子書籍リーダーはあります。

KindleはAmazonのKindleストアで購入したKindle本を読むためだけに使いますが、楽天koboは楽天アカウントに紐づけ、楽天ブックスで購入した電子書籍を読むためだけのデバイスです。

楽天Kobo

両デバイスの併用も可能ですが、どちらか1つの端末を購入するのであればKindle端末がおすすめ。

ここでは、楽天koboよりKindleがおすすめな理由を解説します。

Kindleは読み放題あり

楽天koboには無料で読める電子書籍も用意されていますが、読み放題サービスはありません。

Amazonには、以下の2つの読み放題サービスがあります。

読み放題サービス サービス内容 対象Kindle本
Prime Reading 有料のプライム会員向け特典の1つ 1,000冊以上
Kindle Unlimited Amazonの有料読み放題サービス 200万冊以上
Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い|Amazon読み放題を徹底比較
Amazonの読み放題にはKindle UnlimitedとPrime Readingの2つがありますが、違いがわかりにくいですよね。この2種類の読み放題サービスが具体的にどう違うのか、詳しくわかりやすく比較して紹介します。自分に合った読み放題サービスを利用して、Kindle本を楽しみましょう。

Kindle Unlimitedは、プライム会員登録をしているかどうかに関係なく、誰でも月額980円で加入できるサブスクリプション。

幅広いジャンルで200万冊以上のKindle対象本が読み放題で月額980円ですから、読書好きの方にも、Kindleユーザーにもおすすめのサービスです。

koboは楽天マガジンに非対応

楽天には「楽天マガジン」という雑誌の読み放題サービスがあるのですが、楽天koboでは楽天マガジンを利用できません。

楽天マガジンは月額418円で雑誌が読み放題となるサービスなので、楽天koboで使えたらメリットにもなるのに、使えないとは残念ですね。


koboの読み放題「kobo plus」は日本では利用不可

koboには読み放題サービス「kobo plus」がありますが、これは海外で展開されているサービスで、日本国内ではリリースされていません。

AmazonのKindle Unlimitedが日本でサービス開始したのは、2016年8月です。これまでの利用者数を考えても、後発となるkobo plusがリリースされたとしても、一般に浸透するのには相当の時間を要するでしょう。

こうした理由で楽天koboよりKindle端末がおすすめですが、読み放題を利用せずに電子書籍を頻繁に購入し、楽天ポイントを貯めたい人には、楽天koboが向いています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Clara 2E スリープカバーセット(ブラック)
価格:23,800円(税込、送料無料) (2024/2/6時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

Kindle本をプレゼントしたいときはどうする?

海外の一部のAmazonでは、電子書籍をギフトで送る「Buying and Gifting」というサービスがあるのですが、日本のAmazonでは、Kindle本のギフト送信はできません。

購入したKindle本はそのアカウントでしか読めないので、直接プレゼントとして送ることはできないのです。

Kindle本をプレゼントしたいときは、Amazonギフト券を送って、好きな本を購入してもらいましょう。

Amazonギフトカードについて詳しくは、以下の記事をご参照ください。

Amazonギフト券の選び方からお得情報まで【まとめ】
Amazonのギフト券、種類もいろいろあるし、選び方、購入方法、支払い方法、使い方、その他わからないこともいろいろ。 こちらでは、購入からお得な情報まで、Amazonギフト券に関する記事をまとています。
スポンサーリンク

Kindleは読書好きの方へのプレゼントにおすすめ

Kindleは、大切な人の誕生日や記念日など、特別な日のプレゼントにもぴったりです。

Kindle本は紙の本より安く購入できることが多いですが、Kindle端末の値段をカバーできるほどの価格差ではありません。

本を読むためのデバイスをわざわざお金を出して買わなくても、紙の本ならそのまま読めます。だから筆者も最初はKindle端末の購入を躊躇していました。

ですが、旅行のときなど本を複数冊持ち歩いたり、現地で購入したりする手間や時間がもったいなくて、ついに決意を固めて自腹で購入しました。あのとき誰かがプレゼントしてくれていたらどんなにか嬉しかったか。

Kindle Unlimitedのキャンペーン中にKindle端末をプレゼントするのもいいですね。キャンペーンはセール等にあわせて不定期で開催されているので、以下の記事で最新情報をチェックしてください。

kindle Unlimited【3ヶ月99円で読み放題】キャンペーン中!
ただいまKindle Unlimitedのキャンペーン中で、初めて利用する方は3ヶ月間99円から始められます。過去に無料体験を利用していても、12ヶ月以上経過していれば再び利用できます。年末年始の空いた時間にゆったりと読書やマンガ、雑誌など楽しみましょう。

読書好きの方であれば、Kindle端末のプレゼントはきっと喜んでもらえます。

Kindle端末を選ぶ

コメント