スポンサーリンク

amazonプライム、家族会員はビデオ、ミュージックを利用できる?

お買い物
そのお買い物ちょっと待って!
今ならAmazonギフト券キャンペーン中で初の現金チャージでもれなく1000ポイント♪
ギフト券の現金チャージは最大2.5%のポイント!コンビニ払いや代引きで損してない?
 

Amazonの有料会員、「プライム会員」になると、様々な有料級の特典が楽しめます。
そのプライム会員には、「家族会員」というのがあり、同居の家族2人まで無料で登録できます。

ところで、家族会員ってプライム会員の特典をどこまで利用できるのか?プライムビデオやプライムミュージックは利用できるのか?

実は、全て同じように利用できるわけではありません。

今回は、このプライムの家族会員はプライムビデオなどの特典を利用できるのか、などなど、詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

amazonプライム、家族会員はビデオ利用できる?

Amazonのプライム会員になると、プライムビデオで映画やドラマ、アニメなどプライム対象の動画を無料で見放題になります。

プライムビデオ 家族会員アカウントでの利用は?

では、プライムの家族会員は?というと、

プライムの家族会員ではプライム会員の特典の「プライムビデオ」を利用することはできません。

これは、家族会員のアカウントでは利用できない、ということです。

家族でも利用可能な方法

家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。

プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。これは規約違反でもなんでもありません。

プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。

【プライムビデオの再生可能台数】

・端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)
・同じ動画のストリーミング再生は2台まで
・異なる動画のストリーミング再生は3台まで
・ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで
・ダウンロード再生は複数同時再生可能
・すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。

この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。

以下、それぞれの詳細をご紹介します。

プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。
ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。

Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。

お客様は、同じAmazon.co.jpアカウントを使用して一度に2本のビデオを同時にストリーミング再生することができます。お客様は、同じビデオを一度に複数の端末でストリーミング再生することはできません。
Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2を超える端末でストリーミング再生することはできません。」

ダウンロードについては、
・お客様は、ダウンロード可能なビデオを、同時に2台の端末にダウンロードできます。お客様がすでに2台の端末にビデオをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのビデオを別の端末にダウンロードすることはできません。どの時点においても、お客様のAmazon.co.jpアカウントに関連する端末にダウンロードできるビデオの合計数は25本までとします。
地域により異なりますが、いずれの時点においても、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末にダウンロードできるPrime Videoのタイトルの合計数は15本または25本までとします。
※訂正部分は2018年4月現在の表記です。

実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。

異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。

さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。

このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。

ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。念のため。

Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。
これはありがたいサービス。Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。

私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。

ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。

お客様は、プライム・ビデオでダウンロードしたビデオについて、通常30日以内に視聴を開始しなければならず、視聴を開始した場合、通常48時間以内に視聴を終了しなければなりません。
(Amazonより)

縛りといっても、30日以内は保存してくれるので、必要なときはちょっと早めにダウンロードしておくと便利です。

 

端末の登録・削除

端末をわざわざ登録する必要はありません。端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。

端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。

アカウントサービスのプライムビデオ設定

ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。すると、現在利用している端末が登録されています。

アカウントと設定画面でデバイスタブを選択

このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

amazonプライム、家族はプライムミュージックを利用できる?

プライム会員は、プライムミュージックの音楽を無料で聞くことできます。

プライムミュージック 家族会員アカウントでの利用は?

プライムミュージックも、プライムビデオと同様、家族会員のアカウントでは利用できません。

 

プライムミュージック 家族で利用可能となる方法

Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。

プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。

【プライムミュージックの再生可能台数】

・端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)
・ストリーミング再生は1台のみ
・ダウンロードは最大4台まで
・1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能

 

それでは、以下その内容を見ていきましょう。

プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。ストリーミング再生は1台まで。

また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。プライムビデオと同じですね。1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。

デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。

もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。

 

プライムミュージック 端末の登録と削除

端末を登録するときは自動。
手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。この内容はアカウントサービス上で確認できます。

端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。

アカウントサービスのAmazonMusicの設定

画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が表示されます。画面には出ていませんが、この端末の右端に「認証を解除」とあるので、これで削除できます。

端末管理の画面で認証解除

端末の認証解除をすると、その解除で空いたスペースが再び利用できるまでに30日かかるそうです。

余談ですが、我が家では、echo dotとかPCでもプライムミュージックを聞いてます。でも、この登録にはなってません。もちろん、自分で何かを登録したこともありません。なので、登録に関してはあまり気にしなくてもいいんじゃないかと思っています。問題なく聞いてるので。

 

スポンサーリンク

amazonプライム、家族はkindle本を利用できる?

こちらもやはり、プライムビデオやプライムミュージックと同じく家族会員のアカウントでは特典を受けられません。

ひとつのコンテンツをダウンロードできる端末数は作品によって異なるのですが、本の場合は、出版社により決定されるとのことですが、通常は最大6台の端末にダウンロードが可能となっています。

 

スポンサーリンク

アカウント共有で気になるプライバシー問題

Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。
動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。コスパ的にも最高ですよね。

ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。

例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

家族の目を気にせずに、好きな番組を視聴したい!という場合は、例えば「U-NEXT」のように個々のアカウントを作成、プライバシーも守れる動画配信サービスを利用するという選択肢のほうがいいかも。

でも、AmazonのPrime会員は会費がとってもお得なので、料金で考えればダブルで入っても安いです。特に大学生や専門学校等の学生さんなら半額のPrimeStudentもあるし。

ちなみに、PrimeStudentの無料体験は6ヶ月間で、その無料期間もプライムビデオが視聴できます♪

【関連記事】
>>>Prime Student 月額プランなら月会費200円、支払い方法は?

 

スポンサーリンク

さいごに

Amazonの家族会員というのは、配送オプション特典のみ利用できるサービス。

残念ながら、家族会員のアカウントでは、プライムビデオ、プライムミュージック、PRIME Readingなどの特典サービスは利用できません。

ですが、プライム会員ご本人のアカウントであれば、複数のデバイスで利用可能、そして同時視聴も可能なので、制限はあるものの家族間で映画や音楽を楽しむことができます。

PCやスマホ、タブレット、さらに対応テレビやFire TVなどを利用すればテレビの大画面でも存分に楽しめますので、上手に活用してプライム会員の特典を満喫しましょう。

 

【関連記事】

>>>プライムビデオの解約は?解約前に知っておきたい豆知識
>>>Amazonプライムの家族会員、登録方法、履歴はバレる?

 

 



プライム会員になる?ならない?

Amazonのプライム会員って、会費まで払って何かお得なの?
通販のサイトに会費を払う意味ってあるの?

私tukiも最初はそう思ってました。
でも、気づけば、すでに年払いで6回も更新してました。

ってことで、プライム会員6回更新中の私からの視点で、改めて、Amazonプライム会員についての魅力や、デメリットなどまとめました。

プライム会員を6年も更新してる理由&プライム会員特典や料金 最新情報はこちら!




コメント