アマゾン プライム、入会のタイミングはいつがいい?損しないのは?

アマゾンの有料会員、プライム会員。
無料体験を試してみたいけど、その申し込みのタイミングによってメリット・デメリットってあるの?

はじめてプライム会員に申込むなら、30日間の無料体験から始められます。

でももしも損するタイミング、得するタイミングがあるなら知っておきたいですよね。

そこで今回はプライム会員に入会するタイミングについて、ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

Amazonプライム、入会のタイミングはいつがいい?

Amazonプライムの無料体験は30日間。

これは、何日に申し込みをしようと、とにかく申し込みをした日から30日間は無料なので、入会のタイミングはいつでも同じです。

月のはじめだろうと、終わりだろうと、この期間に影響はないので、タイミングによって損をしたり、得をしたりということはまずありません。

ただし、無料期間だけで退会したい!なんていう希望があるなら、タイミングとしては大型のセールなどあるとき、とか、Amazonプライムで購入したいものがあるとき、とか、プライム・ビデオでみたい動画が公開されているとき、その他、プライム特典を活用したいとき、なんかを狙うのもありですね。

プライム会員は無料体験をしてその後、継続を希望しないなら、無料期間だけで一切会費を支払わずに解約することも可能です。

ですが、継続するのであれば、いつのタイミングでも特にメリットもデメリットもありません。あなたの都合の良い時が、入会のベストなタイミングです。

>>>Amazonプライム 30日間無料体験を試す

 

スポンサーリンク

Amazonプライム、会費の支払いはいつ?

Amazonプライム会員の無料体験を申込みすると、会費の支払いについてはいつ請求されるのでしょうか。

これは、30日間の無料体験期間が終了したら、自動的に請求となります。
プライム会員に入会するときに、クレジットカード等の情報を入力していますので、その支払方法で請求されることとなります。

 

スポンサーリンク

Amazonプライム、更新のタイミングは?

プライム会員には、月額払いと年払いの2種類の支払い方法があります。

年払いの場合

プライム会費は年払いだと4,900円/年(月あたり325円)

※2019/4/12 プライム会費の価格改定があり、年払い会費4900円、月払い会費500円となりました。

年払いの場合は、年会費を支払った日の翌年、同日に会費を請求されます。
例えば1月1日に年会費を支払うと、翌年の1月1日に次の年会費が請求されることになります。

月払いの場合

プライム会費の月額払いは、500円/月(12ヶ月で6000円)

月額500円での支払いの場合は、翌月の同日に請求されます。
例えば、1月1日に月会費を支払ったら翌月の1日に次の請求となります。

月額プランは500円。これは継続せずに単月だけ入会、翌月は解約ということも可能です。

数ヶ月間だけ特典を使いたい、といった場合には、500円で数ヶ月だけ利用という方法もあります。これだと、例えば長期休暇のある年末年始、GW期間、夏休みなど、利用可能な期間だけAmazonでのお買い物を楽しだり、例えばプライム・ビデオをお得にたっぷり見たいとか、そういったことも可能です。

レンタルビデオ店も長期休暇、大型連休となると貸出中でレンタルできない、なんてことがあるけど、プライムビデオなら自宅でいつでも好きな時に視聴可能です。

ただし、解約しなければ自動継続でずっと500円の会費が請求されるので、年払いの契約より割高になるので、注意しましょう。もちろん、入会後に月額払いから年払いへの変更も可能です。

 

【関連記事】
>>>amazonプライムの月額プランの料金、選択方法、年会費とどっちがお得?

 

スポンサーリンク

Amazonプライム、解約のタイミングは?

Amazonプライム会員の無料体験は、無料期間の30日間が終了すると、本会員入会となり、会費の請求を受けることとなります。自動的に。

ですが、無料期間の間に、前もってこの自動継続をストップしておくことも可能です。

なので、解約のタイミングとしては、いつでも可能。無料体験の数日後に解約しても、期限ぎりぎりに解約しても、期限までは利用できます。

解約したいと手続きをしたその日にやめることも可能ですし、会費を支払っている期間終了日までで解約の予約をすることできます。
解約したい、と手続きをしたその日に解約すると、その時点で特典の利用がストップします。

事前の解約予約であれば、解約手続きをしたあとも解約予定日までは利用可能、次回の請求はストップとなります。

会費の返金は?

入会後、プライム会員の会費を支払ったあとでも、特典の利用が一切なければ、会費が戻ってくることもあります。特典を少し利用した場合でも、会費が一部戻ってくるケースもあります。これは解約のタイミングや、特典利用の頻度等により変わってきます。

実際に解約の手続きを進めると、返金があるかないか、いくらの返金になるのか、ということも確認しながら解約手続きをすることが可能です。

【関連記事】
>>>amazonプライム会員を解約、年会費の返金は?戻る?戻らない?

 

スポンサーリンク

さいごに

Amazonのプライム会員、無料体験は、入会のタイミングによるデメリットやメリットは特にありません。

あくまでも申し込みをした日から30日間となるので、無料体験期間中はプライム会員特典を使いまくって楽しみましょう。

>>>プライムの会員特典をチェック

プライム会員の特典のひとつ、プライムビデオでは、新作はあまりないですが、かなりの数の動画を楽しめます。
見られる動画も、随時更新されていますので、同じものばかりでもう見るものがない、なんてことにもなりません。

どうせなら、たっぷり動画を見られる時期を狙ってプライム・ビデオを楽しむといいですね。

普段はなかなか映画とかドラマを見る時間がないという方でも、週末やお休みの日だけ数本の映画を見るだけでも十分に会費を支払った分、元が取れる料金です。

まずは無料体験で、どんな特典を利用できるのか、どんなメリットがあるのか、費用対効果はどうなのか、あなたの目でチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>>Amazonプライム 30日間無料体験を試す

 



プライム会員になる?ならない?

Amazonのプライム会員って、会費まで払って何かお得なの?
通販のサイトに会費を払う意味ってあるの?

私tukiも最初はそう思ってました。
でも、気づけば、すでに年払いで6回も更新してました。

ってことで、プライム会員6回更新中の私からの視点で、改めて、Amazonプライム会員についての魅力や、デメリットなどまとめました。

プライム会員を6年も更新してる理由&プライム会員特典や料金 最新情報はこちら!




コメント