amazonの返品 返金は全額?半額になることもあるってホント?

Amazonの返品での返金、全額戻るのか、気になりますよね。

Amazonでは、通常返金は全額ですが、場合によっては一部減額されたり、商品代金の半額しか返金されないケースもあるんです。

では、全額返金されずに、減額、もしくは半額になってしまうというのはどういったケースによるものなのでしょうか?

今回は、Amazonで返品をしたとき、全額返金されない、その理由などについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

返品期間を過ぎての返品 返金は全額戻らない

Amazonでの返品期間というのは、商品到着後、30日以内と決まっています。

ただし、この期間を過ぎてからの返品は、返金額が20%減額されます。減額はされますが、返品は可能ということですね。

30日以内の返品であれば、基本、全額返金となります。

30日と期間的には余裕がありますが、万が一返品する場合も考えると、届いたまま確認してなかった、なんてことのないようにしておきたいですね。

 

スポンサーリンク

新品を購入し、開封もしくは使用したものを返品

新品の商品は、未開封未使用であれば、基本的に全額返金となります。
ですが、開封してしまった、使用した、という場合は、全額返金にはなりません。

 

開封済の返品の返金は半額

新品で届いた商品でも、開封済みもしくは使用したものの返品となると、返金額は全額ではなく、商品代金の半額となります。

一般的に新品を購入して開封、自己都合での返品って受け付けてもらえないですよね。
ですが、Amazonの場合は、返品できないこともないけど、半額しか返金しません、というシステムになってます。

もしものことを考えて、開封前にサイズ間違えなどないか、十分に確認してから開封しましょう。

Amazonのダンボールで届く場合がほとんどですが、商品によっては、メーカー既成の外箱のままで届く場合もあります。返品の際は、この箱が開封されているか、未開封のままか、ということが重要になるので、注意しましょう。

 

開封済で箱を捨ててしまった商品の返品は不可

新品でも、開封したうえ、メーカー既成の外箱を捨ててしまったとなると、返品も交換もできません。

ただし、家電などの初期不良であれば、別途対応してもらえると思いますので、メーカーやAmazonのカスタマーサービスに連絡をして、送料負担などを確認してから返品ないし交換など対応してもらえることもあります。

 

スポンサーリンク

Amazonで返品ができないもの

開封済で外箱なしの場合には返品ができませんが、Amazonでは多種多様なカテゴリーの商品があり、中にはそもそも返品や交換ができないものもあります。

例えば、

  • 雑誌
  • 医薬品、医薬部外品、化粧品、サプリメント、医療機器
  • 食品、飲料、お酒
  • Amazonパントリーで購入したもの
  • 大型家具等

などの自己都合での返品は受付してもらえないことになっています。

Amazonの返品条件詳細(Amazon公式サイト ヘルプ)

 

スポンサーリンク

まとめ

Amazonへの返品は、基本的に新品で未開封、返品期限内であれば全額返金となります。

Amazonのダンボールを開封しても返金額に影響することはありませんが、メーカー既成のダンボールで届いた時は開封すると開封済みとのことで、返金も半額となってしまうので注意しましょう。

商品の状態などについて、返品して送ってしまうとわからなくなることもあるので、念のため写メなんかを撮っておくと安心ですよ。

返品の際にわからないことは事前にカスタマーサービスに確認をしておくと良いでしょう。Amazonカスタマーサービスへの問い合わせは、メールでしておくと双方のやりとりの内容が文字で残るので安心です。

 



プライム会員になる?ならない?

Amazonのプライム会員って、会費まで払って何かお得なの?
通販のサイトに会費を払う意味ってあるの?

私tukiも最初はそう思ってました。
でも、気づけば、すでに年払いで6回も更新してました。

ってことで、プライム会員6回更新中の私からの視点で、改めて、Amazonプライム会員についての魅力や、デメリットなどまとめました。

プライム会員を6年も更新してる理由&プライム会員特典や料金 最新情報はこちら!




コメント