通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonプライム会員、メリットとデメリット、2016年現在どうなってる?

      2016/09/11


Amazonのプライム会員?あ~、あれってお金払う意味ないよね~!

何年か前に、amazonのプライム会員について調べたことがあって、その時にメリットが無いなぁと思って会員にならなかった、というあなた。

数年前と今とでは、かな~りamazonプライム会員の特典内容が変わっていることをご存知でしょうか?

今回は、2016年6月現在のamazonプライムの特典についてご紹介します。

amazonプライム会員のメリット、どう変わったの?

最近、Amazonのプライム会員の特典がかなり変わってきています。

実際、私は過去に一度プライム会員になってみて、1年間利用したのですが、当時はあまりメリットを感じられなくなり、継続をせずやめてしまいました。

その、過去、数年前に私がプライム会員だった頃のプライム会員の特典というのは、お急ぎ便や日時指定便が無料になる、というのがメインで、他にはほとんどメリットがありませんでした。

ですから、単純に月に何回もamazonでの買い物をするという場合で、お急ぎ便や日時指定便を使いたいなら、年会費3,900円を払ってもいいかなぁ、というレベル。

急がなくていいなら、余計な年会費は払う必要も無い、という程度のサービスでした。

当時もKindleの特典なんかはありましたが、今ほどは魅力ある内容じゃなかったんですよね。Kindle自体もまだ未成熟だったというか。
継続をするか迷った時に、Kindleのことも調べて結局やめました。

ところが、2015年9月からAmazonプライム・ビデオ、2015年11月からAmazonプライム・ミュージックの特典が開始となったことから、このプライム会員のメリットが大きく変わってきたんです。

私は現在、再びプライム会員になり、プライム会員価格、5,000を切る格安価格でfireタブレットを購入して、Kindle本やプライムビデオ、プライムミュージックを楽しんでます。

注文するときはお急ぎ便も無料で利用できるし、まだプライム会員になって半年も経過してないけど、すでに年会費3,900円の元は十分にとってる感じです^^

ビデオとか音楽を有料級で最新のものもガンガン楽しみたいって場合は、こうしたAmazonのプライム会員の特典レベルでは最新版はほとんど無いので満足はできないかもしれませんが。

でも、Amazonのプライムビデオは、内容もどんどん更新されるし、常に新しい映像が見られるので、飽きることなく楽しんでます。

ビデオのレンタルとかも、たまに暇な時借りに行く程度だったけど、今じゃ全く行くこともなくなりました。

こんなところから比較しても、数年前のプライム会員の内容とは全然違うんですよ。

スポンサードリンク

プライム会員、現在の特典

・お急ぎ便、お届け日時指定便での無料配送
・特別取扱商品の取扱手数料無料
・家族会員登録で同居の家族2人まで登録OK
・Kindleやfireタブレットがプライム会員価格で購入できる
・Kindleオーナーライブラリーで月1冊無料
・プライム会員限定先行タイムセール
・Amazonパントリー
・Amazonプライムナウ
・Amazon定期おトク便おまとめ割引
・プライムフォト
・プライムビデオ
・プライムミュージック

これだけの特典が年会費3,900円であれこれ使えるというのは、なかなかの充実ぶり。

さらに、こうした特典のそれぞれの内容も段々に充実してきています。

プライム会員、月換算すると毎月325円でこの特典

プライム会員でない場合、1回、お急ぎ便を使うだけでも360円かかります。

当日お急ぎ便なら514円です。

年会費3,900円はかかるのですが、こうしたサービスが無料で使えて、まぁ、以前はこれだけだったのですが、

最近では上記のように、特典満載となっています。

Kindleやfireタブレットがほしいなぁ、と考えているなら、プライム会員対象のキャンペーンを利用すると、非常に低価格で購入することもできます。

スポンサードリンク

Amazonプライム会員のデメリット

Amazonのメリットが充実してきたことはわかったけど、デメリットはどうなの?

これはやっぱり年会費3,900円がかかること、でしょうか、、、

年会費だとしても、やはり3,900円というお金がかかるサービスとして考えるとちょっとヘビーに感じます。

不思議ですよね、毎月300円とか500円とかのアプリだとそれほど抵抗がないんだけど、年会費ってなると、大金に感じてしまいます。

それから、Amazonの場合、プライム会員への誘い方が、「無料でお急ぎ便を利用する」というようなボタンでうっかり無料体験をさせるというようなやり方(?)がたくさんの人に誤解を与えることとなっている気がします。

ちゃんと中身を理解すれば、会員になりたいという方もたくさんいると思うのですが、こうした手口的なところから、悪い印象を与えてしまってるのではないかと。

その他のデメリットとしては、Amazonプライムビデオは果てしなくあれこれ更新されるので、いくら見てもまた新しいものが入ってきて、なかなか見るものが満載で、時間の使い方を間違えるとちょっと大変なことになりそう^^;

アニメ、ドラマ、映画やドキュメンタリーなど、幅広い年齢層に向けた映像が見られるので、家族で楽しめるのですが、争奪戦にもなりそうな気がします。

あとは、お急ぎ便などが使えるからと言って、買い物のし過ぎにも注意ですね~。

デメリットといえば、こんなところでしょうか。

Amazonプライムデーはプライム会員限定のAmazon最大規模のセール

特に間もなく開催のAmazonプライム会員対象のAmazon最大のセール、「プライムデー」では、どんなものが安くなるのか、非常に楽しみですね。

昨年の第一回のプライムデーでAmazon過去最高の売上だったそうですが、今回はその3倍以上の在庫数での気合の入ったセールとなるそうです。

当日になってから、会員登録なんてしてると、お目当てが売り切れちゃうかも?

無料体験は30日間無料で利用できます。

プライムデーについてはこちらの記事をご参照ください。
amazon プライムデー開催!今年は7月12日!世界的大セール?

プライム会員の無料体験をするなら、必ずやっておくべきこと。

スポンサードリンク

 - amazon プライム ,