Amazon Audibleの返品 理由はなんでもいいの?ペナルティは?

本を聴くサービス、Amazon Audible。
月額料金を支払うと毎月1コインもらえて、そのコインで好きなオーディオ本を選べるシステムになっています。

このAmazon Audibleでは、1コインでオーディオブック1つを購入できるのですが、特典として「タイトルの返品・交換可能」となっています。

「え?読んだ本を返品してまた別の本を聴くことができるの?」ってちょっと不思議に思いますよね。

今回は、このAmazon Audibleの返品・交換について、どういった理由での返品ができるのか、回数に制限などあるのか、ペナルティはないのか、などなど、気になるところをご紹介します。

スポンサーリンク

Amazon Audibleの返品って?

Amazon Audibleは、月額1500円と、一見するとなかなかお高めの有料サービスですよね。

この1500円の月額料金で何ができるかというと、有料のオーディオ本の中から1冊好きな本を選ぶことができます。

オーディオ本は1500円以上するものでもどれでも選べます。

そして、会員特典として「タイトルの返品・交換可能」というのがあるんです。

返品理由はなんでもOK?

Audibleの会員特典として返品・交換可能って言われても、返品ってどういうこと?って気になりますよね。

本の入れ替えOK!じゃなくて、返品・交換OKというのがミソでしょうか。

実際に1コインで購入した本を返品しようとすると、以下のように返品する理由についての質問が表示されます。

選択肢として以下の項目があります。

  • 音声に関する問題(音飛びなど)有り
  • タイトルの内容が気に入らなかった。
  • ナレーションが気に入らなかった。
  • 間違って購入した。
  • 紙の本を購入したつもりだった。
  • その他

のいずれかから選ぶようになっています。
何かトラブル的な理由がある場合、というのがこれら項目から見てもわかりますね。

なお、「その他」を選んでも特に理由を入力する欄はありません。
いずれかを選んで「返品する」のボタンをクリックすれば、返品できます。

これ、会員特典で、その詳細を公式ページで見てみるとですよ、

Audible会員の皆様は、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。

※Audibleより引用

と書かれています。

なるほど、理由としては、なんでもかんでもいいってわけじゃないんですね。

あくまでも、購入して聞いてみたけど、ちょっとイメージが違ってたとか、声の感じがなんかいまいちで本の内容が頭に入ってこなかったとか、そんな理由があった場合に返品や交換ができますよ、ってことなんですね。

本を聞いたら、通常は返品も交換もなし、だけど、満足できなかった場合は返品も可、といったところですね。

返品は何回でもOKなの?

返品の理由としては、良識の範囲内、ということで、じゃ、回数的にはどうなの?
というのも気になりますね。

返品の回数に関しては、

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

会員の皆様には本特典の目的の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。

※Audibleより引用

とあります。
それはそうですよね。毎日のように返品交換を繰り返していたら、それはもう聴き放題ってことになっちゃいますからね。

過度に、返品理由も特にないのにこの特典を使い過ぎれば、制限がかかることもある、ということっですね。

サンプルも上手に活用

Audibleのいいところは、各オーディオ本のサンプルが聞けるところです。しかも、割と長めに聴くことができます。

やっぱり個々に本のイメージってありますよね。だから、それに合わないような音声である可能性もあるわけですよね。

私も実際読みたい本のサンプルを聞いたら、全然イメージと合わずに聞きたい本だったけど断念しましたから。

いや、これは女性じゃなくて男性に読んでもらいたかったなぁ。みたいなね。

ひとまずサンプルで試して、それで選んだのにやっぱりイメージがちょっとムリだった、とか、そういったときは返品・交換してもらいましょう。

スポンサーリンク

Audibleは再生速度の調節も可能

本によっては、話すスピードがゆっくりの作品もあれば、ちょっと早口だなって本もあります。

ただし、スピードについては調節が可能。

再生中でも、再生速度の変更が可能で、PCでもスマホでも簡単に調節できます。

速度も0.5~3.5倍速まで、あなたのお好みで選べます。

 

スポンサーリンク

まとめ

Amazon Audibleは、特典として返品・交換が可能となっています。

ですがこれはあくまでも本のイメージが合わなかった場合など。
理由がなんでもかんでも返品できるということではありません。

サンプルでけっこう聴くことができるので、まずはここで確かめてみるのがおすすめです。

もちろん、「返品・交換可能」と特典としてアピールしているくらいなので、実際イメージに合わないなど気に入らなかった場合は遠慮なく利用して他のタイトルを楽しみましょう。

ただし、過度にこの特典を使いすぎれば、Audibleから連絡が来たり、以降特典の利用ができなくなる可能性もありますので、そこはほどほどに。

 

 

 

 



プライム会員になる?ならない?

Amazonのプライム会員って、会費まで払って何かお得なの?
通販のサイトに会費を払う意味ってあるの?

私tukiも最初はそう思ってました。
でも、気づけば、すでに年払いで6回も更新してました。

ってことで、プライム会員6回更新中の私からの視点で、改めて、Amazonプライム会員についての魅力や、デメリットなどまとめました。

プライム会員を6年も更新してる理由&プライム会員特典や料金 最新情報はこちら!




コメント