通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

Amazonの分割払い、手数料は?できないのもある?

   



【今だけキャンペーン情報】
今ならAmazonギフト券、現金での初チャージで1,000円分のポイントゲット!
>>>Amazonのギフト券買うならチャージで!今なら1,000ポイント!最大3%も♪


Amazonでのお買い物、よくクレジットカードを利用しますよね。
ちょっと前までお支払い方法は一括払いしかなかったのですが、最近お支払い方法の選択画面で分割払いやリボ払いというのを選べるようになっています。

このAmazonの分割払いやリボ払いって手数料かかるの?無料なの?

今回は、Amazonの分割払いについて、その手数料、金利、などどうなっているのか、などなどご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

Amazonで分割払い、対応するクレジットカードは?

「お支払い方法を選択」の画面で、クレジットカードを登録していると、一括払いの他に「分割払い」や「リボ払い」という項目が出てきます。

この表示は、利用条件を満たす場合のみ表示されるとのこと。

こちらはJCBカードで出てきた表示です。
分割やリボ払いができる対象カードは以下の3つです。

・JCBカード
・Visaカード
・Mastercard

このいずれかのマークが付いているクレジットカード(国内発行のカードのみ対象)で、分割払いやリボ払いのできるカードが対象となります。

 

Amazonでの分割払いとリボ払い、手数料はかかるの?

Amazonのお買い物でクレジットカードを選択、分割払いやリボ払いを選んでも金額は商品代金しか表示されません。

分割手数料などの表示がないということは分割手数料が無料なの?なんて思ったら大間違いです。

このお支払い方法選択の画面で、分割払いやリボ払いを選ぶことはできますが、これはあくまでもカード会社が設定する仕組みを利用できるということで、Amazonが直接対応するものではありません。

そのため、Amazonで手数料を取られるということはありません。
ですが、カード会社の定めた所定の手数料がかかります。

クレジットカード会社から請求がきて初めて分かるということですね。

この所定の手数料というのは、カード会社や利用するカードにより異なり、Amazonに問い合わせてもわかりません。
分割やリボ払いの手数料がどれくらいなのかわからなくて調べたいなら、カード発行会社へ問い合わせて、自分で確かめる必要があります。

クレジットカード自体が分割やリボ払い対応でも、あなたのカードが分割やリボ払いのご利用可能枠が0となっている場合もあります。これもカード会社に問い合わせればわかります。

カード発行会社の連絡先というのは、カードの裏面に記載があります。

ちなみに私が使っているJCBカードでは、

分割払いの場合 実質年利7.92~15.00%
リボ払いの場合 実質年利8.04~15.00%

となっています。カードの種類によって年利が異なります。
さらに、分割回数が増えるほど年利は高くなります。

JCBのサイトで確認すると、こうしたお支払例がありました。
10万円のお買い物を10回払いにした場合、実質年利が15.00%なら支払い総額は106,817円となります。

※JCB会員専用サイトより転載

一括払いなら手数料はかかりませんが、分割にすれば分割手数料も相応にかかりますので、利用する際は注意しましょう。
(万が一延滞した場合は、カード会社から所定の延滞手数料が請求されます)

 

分割払いのやり方

使い方としては、JCB、Visa、Mastercardいずれかのクレジットカード払いで指定、「分割払い」を選択します。

「分割払い」の横にブルダウンメニューが表示されるので、ここをクリックすると回数を選べます。

Amazonでの分割払いは、3つのカード会社共通で

3,5,6,10,12,15,18,20,24回

この回数から選ぶことができます。

希望の回数を選んで、「次へ進む」で最終確認画面となり、「注文を確定する」ボタンをクリックすれば分割払いでの注文完了です。

【関連記事】
>>>amazonギフト券のチャージがお得♪実際にやってみた!

 

スポンサーリンク

リボ払いってなに?

分割払いは「○回で払う」というように分割しますが、リボ払いというのは「毎月○円払う」と一定額を設定して返済していく方法です。

このリボ払いだと、いくら分購入してもずっと毎月1万円、みたいな支払い方も可能なのですが、気づくと手数料も膨大なものになっていたりするので、気軽に利用しないことを強くおすすめします。

クレジットカード会社は手数料が儲かるので、ガンガン勧めてきますけどね。

実は私、恥ずかしながら若~い頃にこのリボ払いを使ってあれこれ買い物をしたことがありまして。

で、毎月数万円だけ払うなら楽勝~ってな感じでバンバン買い物していて、ふと気づいたらものすごい年利が加算されていて、慌ててリボをやめて急いで返済したという経験があります。

あの頃はほんとに未熟ものでした^^;

ということで、リボ払いはくれぐれも安易に手を出さなように、と強くおすすめするところであります。

ただでも通販って実店舗でお金を出して買うより実感なかったりしますよね。リボ払いも分割払い同様、延滞すれば延滞手数料が加算されます。

どうしてもリボ払いを使う時は、事前にカード会社に「リボ払い」の設定で、毎月いくら支払いをするのか設定しておく必要があります。これもAmazonではなく、カード発行会社とのやりとりになります。

事前にリボ払いの設定を済ませれば、あとは注文時に対象のクレジットカードの決済にして、リボ払いを選択すればOKです。

 

Amazonで分割払いやリボ払いを使えないケース

Amazonでのクレジットカード利用で分割払いやリボ払いができるようになったのですが、以下のケースでは利用できません。

・カードの限度額以上の買い物
・カート内に37円未満の商品が1点でも入っている場合
・対象カード以外のカード
・海外発行のカード
・Amazonギフト券購入
・デジタルコンテンツ購入(定期購入も)
・Amazonプライム、Prime Studentの会費
・Prime Nowの注文
・Amazonフレッシュの注文
・Amazon Pay
・定期おトク便
・1-click注文

複数商品購入の際は、総額がいくらでも、1つでも37円未満の商品が含まれていると分割払いやリボ払いができないとのこと。
Amazonには1円本とかあるので、こういうものが含まれた決済では分割払いやリボ払いはできないとのことです。

 

さいごに

Amazonのレジで分割払いやリボ払いを選択できるようにはなりました。
ですが、これはAmazonが提供する分割サービスなどではなく、カード会社の分割払いやリボ払いをAmazonの画面上でできるようになったというだけのものです。

分割やリボ払いを利用すると、支払いの際にカード会社から手数料を取られますので、利用する際はしっかり確認してからにしましょう。

【関連記事】
>>>amazonギフト券のチャージがお得♪実際にやってみた!

 

スポンサーリンク

 - Amazon 購入