Kindle Paperwhite第11世代を徹底比較|新型はどう変わる?

Amazonギフト券

Amazonギフト券はコンビニ払いより断然お得!
【最大2.5%ポイント】

  • 5,000円以上ならギフト券チャージがお得
  • ギフト券「現金チャージ」で最大2.5%のポイントが貯まる
  • 事前チャージでいつでもカンタン決済

Amazonデバイスでも人気のKindle Paperwhite。2021年10月・11月に待望のKindle Paperwhite第11世代・ニューモデルが発売となります。

Kindle好きの方は興味津々ではないでしょうか。

Kindle Paperwhiteの第11世代は第10世代と何が変わるのかな

これまでのKindle Paperwhiteは2018年発売の第10世代モデル。こちらのページでは、新しいKindle Paperwhiteがどうリニューアルされるのか、旧モデルと具体的に比較してご紹介します。

↓こちら、2021年10月27日発売予定のKindle Paperwhite第11世代。


↓そしてこちら、2021年11月10日発売予定のKindle Paperwhiteシグニチャー エディション第11世代。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhite(第11世代)ニューモデルはどう変わる?

kindle Paperwhite 第11世代

indle Paperwhiteの第10世代と新型の第11世代、どこがどう変わるのか、まずは一覧で見てみましょう。

Kindle Paperwhite
【Newモデル】第11世代(2021年発売)
Kindle Paperwhite
第10世代(2018年発売)
ディスプレイサイズ6.8インチ6インチ
サイズ174 mm x 125 mm x 8.1 mm167 mm x 116 mm x 8.18 mm
重量207g182g
明るさ設定1310
バッテリーワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回のフル充電で最大10週間利用可能ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で数週間利用可能
充電時間PCからUSB経由で約5時間
USB充電アダプター(9W)経由で約2.5時間
別売りワイヤレス充電器(10W)で約3.5時間
PCからUSB経由で約4時間
USB充電アダプター経由で約3時間

機能的に変わったのはこの一覧の通りで、大きな違いというと、

  • 画面の大きさ・サイズ
  • 操作性
  • バッテリー性能
  • 色調調節ライト

といったところ。

これ以外の防水機能などはこれまでとほぼ同じ。お風呂などでも読書が楽しめます。

それぞれの項目についてさらに詳しく見てきましょう。

Kindle Paperwhite(第11世代)大きさ・サイズの違い

Kindle Paperwhiteの第11世代は、ディスプレイが6インチから6.8インチになったこともあり、本体サイズ縦横各1センチほど大きくなっています。

わずかですが画面が大きくなり、本体サイズは極力抑えたといった感じでしょうか。厚みはほぼ変わりありません。

本体幅は、手が小さな女性だと持ちづらくなる可能性がありますね。

そんな時はバンカーリングを取り付けると格段に扱いやすくなるよ!

Kindle Paperwhite(第11世代)の操作性UP

これまでKindle Oasisのみだった最新世代E-inkを採用し、操作が20%高速化とのこと。Kindle端末はipadなどと比較するとかなりもっさりした動きなので、これは期待したいところです。

また、第10世代のKindle PaperwhiteではLED5個だったものが、第11世代では17個と大幅に増設、文字がより読みやすくなります。

Kindle Paperwhite(第11世代)のバッテリー性能UP

Kindle端末はとても充電持ちが良く、充電するのを忘れてしまうくらいなのですが、第10世代よあり約65%バッテリー性能が向上したとのこと。

その分、充電時間が少し長くかかりますが、1回のフル充電で最大10週間利用できるとなれば問題にならないでしょう。

Kindle Paperwhite(第11世代)は色調調節ライト機能がプラス

これまでKindle Oasisのみに搭載されていた色調調節ライト機能がKindle Paperwhite(第11世代)には搭載されています。

第10世代でも明るさの調節はできますが、色の暖かさの調節はなかったので、これまで以上に目に優しい時間帯などに応じた設定が可能となりますね。

スポンサーリンク

最新Kindle Paperwhite(第11世代)モデル|機能以外の違い

Kindle Paperwhite 第11世代

新型のKindle Paperwhite、第11世代モデルでは、機能以外にも違いがあります。

それは、

の2種類が設定されていること。

Kindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャーエディションで違うのは以下の一覧の通りです。

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite シグニチャーエディション
ワイヤレス充電対応
明るさ自動調節機能つき
容量8GBのみ32GBのみ
広告広告あり/広告なし広告なし

Kindle Paperwhite シグニチャーエディションのみ、

  • ワイヤレス充電対応
  • 明るさ自動調節機能つき

となっています。

Kindle Paperwhiteは8GBモデルのみで、Kindle Paperwhite シグニチャーエディションは32GBのみ。

広告については、Kindle Paperwhiteのみ広告あり・なしを選択可能。Kindle Paperwhite シグニチャーエディションについては、広告なしモデルのみとなっています。



ちなみに旧モデル第10世代のKindle Paperwhiteでは、Kindle Unlimited3ヶ月読み放題の無料オプションが選択できるようになっていますが、新型の第11世代については現時点でこのオプションはありません。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhite(第11世代)モデルの価格

つづいてKindle Paperwhite(第11世代)モデルの価格を比較してみましょう。

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite
シグニチャーエディション
容量8GB32GB
広告なし16,980円19,980円
広告あり14,980円
スポンサーリンク

Kindleの容量選び

Kindleの容量ってやっぱ大きい方がいいのかな

Kindleの容量、どちらにするか迷うところですが、一般的な書籍が中心であれば8GBで十分です。

8GBでも、一般的な書籍を数千冊保存することができますから。マンガだと約130冊保存可能。

実際私が使用している第10世代のKindle Paperwhiteは、Kindle Unlimited(Amazonの有料読み放題)で本をダウンロードして毎日読んでいるのですが、10冊の本を保存していても、使用している容量は0.5GB程度です。

Kindleで漫画を買いまくって大量に保存したい!という方なら32GBにした方が良いと思いますが、一般書籍数千冊保存できれば十分ではないかと思います。

ただ、第11世代のニューモデルでは、価格から見ても「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」を選んでもいいかな、という気がします。

広告ありで構わない、という方なら14,980円で購入可能なので、19,980円のシグニチャーエディションにする必要はないと思います。

が、広告なしを希望するなら価格差は3,000円になります。

Kindle Paperwhite シグニチャーエディションには、明るさ自動調節機能が付いています。Kindleの明るさ調節は、設定などから随時調節することができますが、それを自動でやってくれるというのは地味だけど便利です。

そこに3,000円払うと思えば、費用対効果も悪くないかと。

費用対効果も考えるなら自分に必要な機能に絞って考えるといいね!

スポンサーリンク

Kindleの広告って?

広告というのは、Kindleに電源を入れる度に最初の画面に表示されます。

広告が表示されたらそこから画面をスワイプするというひと手間がかかるので、これが煩わしく感じるようなら「広告なし」モデルを選ぶことをおすすめします。

いや、スワイプくらいなんてことないよ、そのために5,000円も高い本体を買うなんて!という方は通常モデルの広告ありモデルで良いでしょう。

私もこれまで使用しているKindle端末は広告ありのものを使用していますが、最初からこれに慣れているので特になんとも不便は感じていません。でも次買う時は広告なしにします。

なぜかというとKindleの仕様が変更となり、「広告なしモデル」のみ対応で、読んでいる途中の本の表紙をロック画面に表示できるっていう機能ができたから。

これまでは、Kindleを開くと前回中断したページが表示されていました。新たな機能によって、ロック画面で表紙を見てから続きを読み進められるというのは地味だけど快適です。より紙の本での読書に近づく感じですね。

そうか、紙の本なら大抵表紙を目にしてから読むもんね

広告なしモデルで限定して比較すると

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite シグニチャーエディション
容量8GB32GB
機能明るさ自動調節機能
ワイヤレス充電対応
広告なし16,980円19,980円

このような違いがあります。

機能は基本同じですが、明るさ自動調節とワイヤレス充電のみシグニチャーエディションにプラスされています。

明るさ自動調節については便利ですが、ワイヤレス充電についてはどうでしょう。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhite シグニチャーエディションのワイヤレス充電について

Kindle Paperwhite シグニチャーエディションは、ワイヤレス充電対応となっています。

これまでのKindleは、充電ケーブルを本体に接続してUSBで充電する方法のみでした。Kindl Oasisも同じです。

現在のところ、Kindle端末でワイヤレス充電に対応しているのはKindle Paperwhite シグニチャーエディションのみ。

ちなみにワイヤレス充電するためには、別売りのワイヤレス充電器を購入する必要があります。同梱されているのは、通常のUSB充電ケーブルのみです。

ワイヤレス充電器は、単体で購入すると3,480円。Kindle Paperwhite シグニチャーエディション本体購入時に、ワイヤレス充電スタンド付きを選べば22,460円となります。セット購入すれば2,480円プラスで購入できてちょっとオトクです。

ただですね、Kindleってバッテリーが非常に長持ちするので、本当にたまにしか充電しません。

そのために充電器を購入する費用がかかり、新たな充電器を置く場所が必要となると考えると個人的にはこれまでの充電方法で十分なので購入しません。

しかも、第11世代のKindle Paperwhiteは、「1回のフル充電で最大10週間利用可能」
と、これまでのモデルよりさらにバッテリーが持つようですから、使用するのは年に何回か、ということになるかと。

たしかに!毎日充電するならワイヤレス充電が便利かもだけど、2ヶ月に1回位なら無くてもいいかも。

もちろん、使い方や頻度によっても異なりますが、Kindle端末はとにかく驚くほど充電持ちがいいのです。

スマホなどのように毎日欠かさず充電をするようなものではないということをご参考にしてください。

スポンサーリンク

Kindle愛用者の私はこれを選ぶ

Kindle Paperwhiteの新型、第11世代、楽しみですね。

ここまで比較してきましたが、最後に私個人ならどれを選ぶのか、というところもご紹介したいと思います。

これまで3年ほどKindle Paperwhiteを愛用してきた経験を踏まえて、購入するのは「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」。

正直32GBも必要無いのですが、広告なしと明るさ自動調節機能を試してみたいというところでちょっとお高いものを選ぼうかと。

ひとまず予約して、手元に届いたら実際に使って改めてレビューしたいと思います。


Amazonプライムミュージック

Amazonの音楽聴き放題
【30日間無料体験】
新規登録で500ポイントもらえる♪

  • いつでも最新の音楽を
  • 心地良い音楽でリラックス
  • コストはできるだけ控えめに
スポンサーリンク
kindle
通販 おしえて.com

コメント