通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonのギフト券の残高、足りない分の支払い方法はこれ!

   


amazonギフト券を使って商品を購入して残った残高。
これは、ギフト券の有効期限内であればまた別の商品を購入する際に使うことができます。

でも、その時に、ギフト券の残高では足りない分はどうすればよいのでしょうか。

今回は、amazonギフト券を最後までしっかり使い切る方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

amazonのギフト券の残高、足りない分はどうするの?

実際に購入するものが決まって、その金額がamazonのギフト券の残高より高い場合、足りない分は以下の方法で支払うことができます。

・クレジットカード
・代金引換( 代引手数料 税込324円が必要)
・コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払い
・amazonポイント

これらのほか、Amazonが承認する支払方法が使えます。

上記の方法が使えない場合には、ギフト券を追加することも可能です。ギフト券にも種類があるので、上手に追加しましょう。

・amazonギフト券を購入する
・amazonギフト券(チャージタイプ)を購入する
・amazonギフト券(バリアブルタイプ)を購入する

3,000円、5,000円などのギフト券を購入するほかに、チャージタイプやバリアブルタイプで、金額を指定して購入する方法があります。

【amazonギフト券 チャージタイプ】

こちらは1円単位で金額を指定できます。

チャージタイプであれば、クレジットカード払いか、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いも利用できます。ただし、クレジットカード以外のコンビニ支払等を利用した場合は、クレジットカードより30分ほど時間がかかる場合があります。

【amazonギフト券 バリアブルタイプ】

amazonギフト券のバリアブルであれば、1,500円から1円単位で金額を指定して購入できますので、決済金額を確認してからバリアブルカードをぴったりの金額で購入すれば、すっきりと残高を「ゼロ」にすうことができます。

バリアブルのAmazonギフト券はセブンイレブンやファミリーマートで購入できますが、中にはバリアブルを扱っていない店舗もあります。
レジで1,500円以上、1円単位での指定をして代金を支払うことで入手できます。

スポンサーリンク

ギフト券の残高を確認する

amazonのギフト券について、いくらか残っていたけど実際いくらだったのか、こちらではこの確認方法について解説します。

まずはAmazonにログイン、「〇〇さん アカウント&リスト」という部分をクリックします。
Amazonのアカウントサービスの画面が表示されますので、そこから「Amazonギフト券」をクリックします。

ここで、残高の確認、ギフト券の登録ができます。
この「amazonギフト券」をクリックすると、以下のように残高が表示されます。

ギフト券の有効期限を確認する

amazonのギフト券の有効期限が、2017年4月24日以降の発行分から10年間に延長されています。これはどのタイプのギフト券も同じです。

気を付けなくてはいけないのが、2017年4月23日以前の発行分。
こちらの有効期限は、発行日から1年、長いもので3年間となっています。

期限については、先ほどの「Amazonギフト券の残高」を確認した画面のところに表示されます。

amazonに登録していないamazonギフト券にももちろん有効期限があります。カードに記載されているものもあれば、記載のないものもあります。

そんなとき、有効期限などを知りたい場合は、Amazonのカスタマーサビス(フリーダイヤル 0120-999-373)へ電話して確認することができます。

【関連記事】

>>>amazon ギフト券カードの使い方、クレジットカードが無くても大丈夫!

amazon ギフト券カードの使い方、クレジットカードが無くても大丈夫!

スポンサーリンク

 - Amazon ギフト券

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。