通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonのマーケットプレイスで詐欺?その買い物ちょっと待って!?

   


amazonのマーケットプレイスでの販売で、詐欺行為が相次いでいるようですね。

amazonでは、amazonが販売する商品の他に、マーケットプレイスというのがあって、そこでは一般の人でも商品を販売することができるのですが、そのマーケットプレイスで、購入したものが届かない、という詐欺が発生しているとのこと。

最初は1円での出品ということで騒ぎになったのですが、間もなくそういった商品はamazonが対処したのか、削除されたようです。
その後には商品価格が80%程度の価格で他より安いものだったりして見分けが困難なものも登場しました。そしてさらにマーケットプレイスの出品者の乗っ取りまで発生しているようです。

そんな中、今日はamazonの出品者アカウントの方でも、アナウンスがあり、amazonからこんなお達しがありました。

平素はAmazon出品サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
皆様のアカウントのさらなるセキュリティ強化のため、2段階認証をご利用いただきたく、お願い申し上げます。

(amazonセラーセントラルより引用)

スポンサーリンク

特段、詐欺についての文言はないのですが、乗っ取りなどを回避するためにこうした文章が発信されたのでしょう。
それにしても、まじめに出品している方々にとっては大打撃ですよね。
これじゃ、怖くてamazonのマーケットプレイスから商品を購入できなくなってしまいます。

でも、一方、一般の方が見るamazonの販売ページの方には、なんの表示もされていません。
amazonは注意喚起とかしなくていいのかな?ちょっと首をかしげてしまいます。結構な騒ぎになっていると思うんだけど。

amazonで起こっている今回の詐欺行為に遭遇しないためには、amazonが販売、発送するものを選ぶか、もしくは、マーケットプレイスの出品商品でも、amazonが発送するものを選ぶかすれば安全でしょう。


上の画面のように、赤枠の新規出品者、海外からの出荷、値段が異常に安いのは詐欺の可能性が大ですね。
青枠のようにプライムマークが付いていて、amazonが発送すると書かれているものは、amazonの倉庫に在庫がすでに納品してamazonが受領完了しているものだけでです。だから、注文したのに届かないということはまずあり得ないですね。

スポンサーリンク

とにかく、注意が必要なのは、マーケットプレイスの出品者が販売して、その出品者が発送するとなっているもの。
通常は、購入して、お支払いを完了させると、注文確定となり、出品者にあなたの名前、送り先住所、電話番号が知らされることになります。
その情報を元に、出品者が商品を発送するのです。
決済に関する内容はamazonが対応するため、出品者にクレジットカードの番号などが伝わることは一切ありません。

発送が完了したら、amazonに発送した旨の通知をする機能がついていて、それが確認できると、amazonから出品者にその代金が後日まとめて支払われるという仕組みになっています。
ですが、問題があれば、amazonは後日その分の金額を差し引くこともできます。問題の多い出品者はアカウント削除されますから、ひとつのアカウントで長いことこうした手口を続けるのは困難です。

しかも、一度アカウント削除を受けると、再び新たなアカウントを作るのは難しいと言われています。まぁ、こんなことを考える人はそういった手段も持っているのかもしれませんが。
そういった観点から、新規出品者や、まだ評価の少ない出品者の場合は特に注意をした方がいいですね。


amazonでは、マーケットプレイスで購入したものに対して、「マーケットプレイス保証」というのがあります。


この保証を受けるには条件があって、トラブルがあったら、まずは購入履歴の該当する商品のところで、「出品者に連絡する」というボタンで出品者に直接問い合わせを試みます。
それでも、営業日で2日間過ぎても返事がない場合に申請できることとなります。これは、amazonのアカウントの中でやっているので、内容もamazonが把握してくれています。直接電話、とかではなく、この履歴のところから連絡しましょう。
amazonへの保証の申請をするに至った場合は「マーケットプレイス保証を申請」のボタンをクリックして進みます。

今回の詐欺のように、支払いをしたのに、お届け予定日を過ぎても商品が届かないというケースについては、お届け予定日の最終の日付から3日後か、注文した日から30日後、どちらかが経過したら申請できることになっています。

ですが、こうした手間や個人情報の搾取について考えると、やはりこうした詐欺と思われる出品者からは購入しないことが何よりも大事になってきます。安いからといって飛びついたりしないようにくれぐれも気を付けましょう。

アカウントの乗っ取りもあるとのことなので、今回のケースはとても見分けが難しいことを考えると、安全なのはやはりamazonからの発送となっている商品以外は避けるほうが無難かもしれませんね。
ほんとに、真面目に販売している出品者さんが気の毒で仕方がありませんね。

それにしても、名前と住所と電話番号だけ盗んで、お金は取れるかどうかもわかりませんし、最初は1円での出品だったことを考えると、何が目的でやっているのかよくわからないことが起きているな、という感じですね。
もしかしたら、amazonやamazonの出品者さんへの悪質な嫌がらせなのかもしれないという気がしてしまいます。

スポンサーリンク

ネットでいろいろなところへのログインパスワードを共通にしているという方はいまだにたくさんいらっしゃるようですが、これは本当に危険なことです。
管理は大変になりますが、必ずそれぞれにパスワードを変えて、しっかりと管理しておきましょう。そうしないと、ひとつのアカウントがバレると芋づる式に全ての情報を盗まれるなんてことになってしまいますよ。

 - amazon ニュース

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。