通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonのあわせ買い対象とは?買えない?プライム会員でも同じ?

      2018/06/29



【今だけキャンペーン情報】
今ならAmazonギフト券、現金での初チャージで1,000円分のポイントゲット!
>>>Amazonのギフト券買うならチャージで!今なら1,000ポイント!最大3%も♪

Amazonはたくさんの商品を扱っています。中には数百円という低価格のものもありますよね。

こういう低価格の商品の中には、「あわせ買い対象」なんて表示が出ていることがあります。これは、それ単体では買えない商品のこと。ひとつだけカートに入れても、決済に進めません。

今回は、このAmazonの「あわせ買い対象」商品についてのあれこれをご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

amazonのあわせ買い対象とは?

Amazonで販売されている商品の中には、「あわせ買い対象」というマークの付いた商品があります。

これ、ひとつだけでは購入できません。もちろんカートに入れることはできますが、実際に購入するには条件があるんです。

その条件とは、Amazon.co.jpが発送する商品、複数点の合計で、税込2,500円2,000円以上にしてください、というもの。

Amazonの商品は税込価格表示となっていますので、表示されている価格の合計金額で2,500円2,000円以上になれば購入・決済可能となります。

 

amazonのあわせ買いが買えない?

実際に見てみましょう。あわせ買い対象商品には、このように「あわせ買い対象」のマークが付いています。

この商品を表示させると、「カートに入れる」のボタンのところにこのように表示されます。

カートに入れると、以下の画面になります。

ちょっと文字が細かいので書き出すと、以下のような文面になっています。
今回、

カートにある2点のうち1点があわせ買い対象商品です。あわせ買い対象商品をご購入いただくには、Amazon.co.jpが発送する商品を合計¥2,000(税込)以上ご注文ください。カート内にあるAmazon.co.jpが発送する商品の合計金額は¥751です。

現時点でカートに入っている合計金額が751円なので、これを2,000円以上になるようにしないと「あわせ買い対象」の商品はレジに進んでも決済できません。

こちらの商品、どちらも小さくて少額の商品だけど、ひとつはあわせ買い対象、もうひとつはあわせ買い対象です。

「あわせ買い対象」の商品というのは、

◆あわせ買い対象商品だけで2,500円2,000円以上

もしくは、

◆あわせ買い対象商品と、あわせ買い対象でない、Amazon.co.jpが発送する商品の組み合わせで2,500円2,000円以上

このどちらかをクリアしていないと、決済できません。

必ずしも、あわせ買い対象の商品だけで条件をクリアする必要はありません。

ただし、条件が満たされていなければ、カートに入れてレジに進んでも、決済ができないのです。

この「Amazon.co.jpが発送する商品」というのは、Amazon.co.jpが販売するものと、Amazonマーケットプレイスの商品も含みます。プライムマークのロゴが付いている商品ですね。

出品者が発送するAmazonマーケットプレイスの商品は対象外となります。

よく楽天なんかで、5,000円以上で送料無料、とかありますよね。
そうした場合、5,000円未満なら送料が別途かかってくるだけなのですが、Amazonのあわせ買い対象商品は、2,500円2,000円以上にならないと買えないってことになってるんです。

一定金額購入しないと欲しいものを決済させないなんて、ちょっと変な仕組みですよね。

あと少し、合わせ買いに足りない!ってときのために、以下リンクより、あわせ買い対象商品を安い順からチェックできます↓

>>>Amazonのあわせ買い対象商品を探す

 

スポンサーリンク

amazonプライム会員でも、あわせ買い?

あわせ買い対象商品というのは、たとえプライム会員になっていても同じことです。このめんどくさいシステム、免除にはなりません。
プライム会員も一般の会員も、あわせ買い対象商品については必ず2,500円2,000円以上まとめないと決済できません。

もちろん、条件を満たした商品が2,500円2,000円以上、かつ、プライム会員なら通常通り、お急ぎ便などを無料で利用することができます。

 

あわせ買い対象、ここに注意

あわせ買い対象商品をカートに入れ、その他の商品も購入、それでも合計金額が2,500円2,000円に満たない場合がありますよね。

先程の例で言えば、318円のあわせ買い対象商品と433円のあわせ買い対象ではない商品。

合計金額は2,500円2,000円に満たず、751円です。

このままレジに進むと、自動的に433円の商品だけが注文となります。

一方、カートに入れたはずの318円のあわせ買い対象商品は注文されず、「あとで買う」に保存されてしまいます。

「あとで買う」に保存された商品は、カートのマークをクリックすると、表示されます。商品をカートに入れて、レジに進むと、以下のように、振り分けられてしまっています。

あわせ買い対象の商品が一旦「あとで買う」に移動されてしまうと、下に表示されている「カートに戻す」というボタンを押さないと、カートに入りません。

2,500円2,000円になるように商品を増やしても、うっかりこれをカートに戻し忘れて購入しちゃった、なんてことになるかもしれません。まぁ、私のようなうっかり屋さんでなければそんな心配は無いと思いますが。

Amazonの低価格の商品を購入するときは、この「あわせ買い対象」の商品であるかどうか確認してレジに進みましょう。

ちなみに、Amazonの定期おトク便を利用している場合でも、これはあわせ買いの対象には含むことができません。こちらは別枠になります。

 

最後に

安価なものでも、2,500円2,000円以上で送料無料になるのは、まだ良心的ですよね。最近は送料もどんどん値上がりしていることですし。

楽天なんかだと、そのショップ内で◯◯円以上なので、品揃えの少ない店だとなかなか合計金額を満たすことができず、結局送料を払うしかないなぁ、とかね。

でも、Amazonの場合なら、食品、日用品から家電などなど、なんでも選べるので、条件はクリアしやすいですね。

低価格の商品は気になったら一度カートに入れて、「あとで買う」に入れておいて、ある程度溜まったらまとめて注文するようにしておいたりと、システムを上手に使えば、細々したものもまとめて宅配してもらえて便利です。

仕組みを知って、上手に活用したいですね。

2016年4月6日追記

Amazonの配送料無料が終了し、2,000円未満の場合は350円の配送料がかかることになりました。
それに伴い、あわせ買い対象商品の合計金額も2,500円から2,000円に下がっています。

【関連記事】

>>>amazonギフト券、チャージタイプを使わなきゃもったいない!その理由

 

スポンサーリンク

 - Amazon 購入