【画像付き解説】Amazon「あとで買う」の機能&使い方

本コンテンツはプロモーションが含まれます。

Amazonの「あとで買う」機能&使い方解説 Amazon 使い方

Amazonで商品をカートに入れると、「あとで買う」機能を利用できます。

「あとで買う」ってどんな機能で何ができるの?どこから見るの?

「あとで買う」機能を知っていると、すぐに決済しないけど、ページ情報はすぐ分かるようにしておきたい場合などに便利です。

ここでは、Amazonの「あとで買う」機能&使い方と、何ができるのかまで、まとめてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

Amazonカートの「あとで買う」の機能&使い方

まずは、Amazonの「あとで買う」の機能の基本と使い方を解説します。

「あとで買う」はカート内の保存機能

Amazonのカートに入れたあと、やっぱり今は買わないなど注文を保留にしたいときに使えるのが「あとで買う」の機能。カートからは削除されるものの、買う予定の商品としてリストに保存できるのです。

買うのをやめるときは、カートから削除で問題ありません。しかし、買う予定を先延ばしにするだけであれば、また探さずに済むように商品をブックマークしておきたいですよね。それを可能とするのが「あとで買う」の機能です。

「あとで買う」の使い方

ここから、実際の画面で「あとで買う」への」入れ方を見ていきましょう。

商品をカートに入れ、①カートマークをクリックすると、商品情報欄に②[あとで買う]のボタンが表示されます。決済を後回しにしたいときは、[あとで買う]をクリックします。Webページでは、同じ個所に[あとで買う]の青文字が表示されます。

[あとで買う]をクリック

ここで、「あとで買う」をクリックすると、商品が①「あとで買う」のリストに入り、②カートマークの数字はゼロにリセットされます。

カートマークの数字はゼロにリセット

カートに入れるのと同様に、「あとで買う」に保存しても在庫確保にはなりませんが、情報として保存できます。

[削除]ボタン

「あとで買う」に保存した商品が不要になったら、[削除]ボタンでいつでも削除できます。

ちなみに、商品ごとに削除ボタンはありますが、2024年現在、一括削除の機能はありませんので、地道にコツコツ削除するしかありません。

「あとで買う」リストを見る方法

「あとで買う」のリストが消えたんだけど、どこで見られるの?

「あとで買う」のリストは、カートマークからチェック可能。スマホアプリの場合とWebページの場合とで、それぞれの見方を画像付きで解説します。

スマホアプリの場合

スマートフォンの場合は、画面下にカートのアイコンをタップすると、以下のように「あとで買う」リストを閲覧できます。

スマホでのカートアイコンと「あとで買う」リストの表示

PC(Webページ)の場合

Webページでは、画面右上にカートのアイコンをクリック。

Webページのカートのアイコン表示

カートアイコンをクリックすると、以下のように「あとで買う」リストが表示されます。

Webページでの「あとで買う」のリスト表示

「あとで買う」のリストからカートに戻す方法

「あとで買う」に入れた商品を改めて注文したいときは、[カートに戻す]をタップして、通常通り決済手続きを進めます。

[カートに戻す]をタップ

スポンサーリンク

「あとで買う」機能でできること

「あとで買う」の機能には、保存以外にもできることが2つあります。詳しく見ていきましょう。

価格変動や在庫の確認

Amazonでは常に価格が変動しています。カートに入れても在庫は確保されませんし、価格が変動すればカート内でも同じく変動します。

Amazonのカートに入れると在庫は確保できる?値段が変わったら?
Amazonで買い物、欲しい商品があったらカートに入れてお買い物をしますが、カートに入れたあとのことも気になりますよね。そこで、こちらでは、カートに入れたら在庫の確保になるか、価格変動は?といった疑問から、「あとで買う」の使い方などご紹介します。

「あとで買う」に保存すると、以下のように商品ごとの価格変動や在庫状況をいつでも確認可能。売り切れの場合は、代わりのオススメ商品を紹介してくれることもあります。

Amazonの「あとで買う」の表示

この価格変動の機能を活用するために、「あとで買う」の機能を使う方もいます。

類似商品の比較

「あとで買う」に保存すると、[比較]のボタンが表示されます(一部、表示されない商品あり)。

[比較]ボタン

[比較]ボタンをタップすると、以下のように類似商品をピックアップして表示してくれます。

「比較する」画面の表示

「比較する」の画面を右から左にスクロールしていくと、複数商品をまとめて、価格や配達日、レビュー数、商品仕様等を比較できます。最大で9つの類似商品が表示されました。価格と配達の項目は、文字部分をタップすることで、昇順・降順に並べ替えも可能です。

スポンサーリンク

「あとで買う」が勝手に消えた?!上限ありに要注意

Amazonの「あとで買う」の機能は便利ですが、あまりに保存データが多すぎて消えたという方もいます。この機能には保存の上限があるのです。

Amazon公式の記載は見当たらないのですが、「あとで買う」の保存上限は600まで、という内容のポストが数件見られました。2024年5月時点で、公式の記載はなく、確かなところは不明ですが、保存し続けて放置するのは危険です。

「あとで買う」を活用してスムーズなショッピングを

Amazonで商品をカートに入れたものの、配送日等の関係で一旦カートから削除したいこともありますよね。でも、買う予定がある商品をカートから削除して、またページを探しなおしてカートに入れるのは面倒です。

そんなときは、「あとで買う」の機能を活用しましょう。ボタン1つでリストに保存できて便利です。

Amazon.co.jp >

 

コメント