通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

プライム会員の無料体験をするなら、必ずやっておくべきこと。

      2016/09/12


プライム会員の無料体験、これって、結構試す方が多いのですが、その際に、無料体験後はそのまま本会員に登録されて、3,900円の年会費が請求されることとなる、という注意事項をちゃんと読まれていない方も少なくないようです。

今回は、プライム会員の無料体験をするなら、この設定はしておいた方がいいよ、というものをご紹介します。

プライム会員の無料体験期間かも?

amazonのアカウントに登録して、お買い物をすると、その都度、無料でお急ぎ便が試せますよ~ってお誘いが出てきますよね。

これに「ほいほい~!」って試すことにすると、そこから無料体験の1ヶ月間がスタートするわけです。

ちゃんとこの時表示されているのですが、この無料体験が終わると、自動的に本会員登録となり、冒頭でも書きましたが、3,900円の年会費があなたのクレジットカードから引き落としとなります。

この注意書きを読んでいないと、自分がプライムの無料体験期間中であることすら気づかないケースもあるのですが^^;

無料体験をするときには、ある設定をしておくことをおすすめします。

もう、本会員になる気満々の方なら、この設定は必要ありませんので、この記事を読む必要はありません^^

自分が無料体験期間中かどうかわからない方は、amazonにログインして、アカウントサービス画面の「アカウント設定」の「amazonプライム会員情報の管理」とクリックしてみましょう。

あなたの現在の状況がわかります。

スポンサードリンク

プライム会員の無料体験期間中にしておきたい設定とは?

無料体験の期間は1ヶ月。くどいようですが、これを過ぎると、「自動的に」本会員になります。

ですが、この「自動的に」本会員になることをストップさせる確実な方法があるので、本会員になるかどうかわからない方は、必ず以下の設定をしましょう。

無料体験申し込みをしたあと、Amazonのアカウントサービス画面から、アカウント設定の「Amazonプライム会員情報の管理」をクリック。

ここで、このような表示になります。

無料体験申し込み

3月4日にプライムの無料体験を申し込み、

4月3日にプライムの年会費3,900円を請求する、と書かれています。

4月2日までに無料体験をキャンセルすれば、年会費は払わなくてよいのです。

3,900円の年会費をご請求します、という文字の下に「自動移行しない」という青い文字がありますので、クリックします。

自動移行しない

このように、無料体験、もうやめちゃっていいの?という表示が出ます。

そして、画面下の方に、

◆会員資格を継続します

◆更新前にお知らせを受けます

◆会員資格を継続しません

この3つのボタンが表示されます。

最後の「会員資格を継続しません」のボタンを押しておくと、自動的に会員の本登録がされるのをストップできます。

スポンサードリンク

なんとしても本会員登録をしたくない方はこのボタンを押しておけば安心です。無料会員期間だけ、たっぷり特典を堪能できます。

そして、無料体験期間が終わったら、そこで特典の利用も終了、会費も引き落としされません。

更新前にお知らせをして判断してもいいかな、なんて思っていると、うっかり手続きを忘れるなんてこともあるかもしれません。

そうならないためには、「会員資格を継続しません」を選んでおきましょう。本会員になりたくなったら、いつでもなれますので。

というわけで、無料会員になって、本会員になるかどうかわからない、たぶんならないだろう、という時は、是非この設定をしておきましょう。

スポンサードリンク

 - amazon プライム