Amazonでの洋書購入体験談|トラブルでマーケットプレイス保証申請

本コンテンツはプロモーションが含まれます。

Amazon 使い方
Amazonプライムビデオ

月額500円で映画・ドラマ・アニメ見放題!
【プライム特典】
30日間無料

  • 無料期間中に解約すれば料金不要
  • いつでも好きな動画を見放題
  • Amazonの配送料無料特典も

Amazonでは、多くの商品が扱われており、手に入りにくいものが見つかることもありますよね。

ずっと探していた洋書をAmazonで見つけた、なんていう方も実際にいらっしゃいます。

ですが、Amazonで洋書を購入する場合、販売元がAmazonではなく海外出品者であることも。海外からの発送となると、不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

このページでは、洋書の中古本をAmazonで購入した際に、30代主婦が体験した失敗談を紹介します。

具体的には、日本のAmazonで出品する海外セラーから購入した絵本に問題があり、トラブルになったという内容です。

後半では、この失敗をどうやって解決したのかについても解説していますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【失敗経験談】Amazonでやっと見つけた洋書絵本!

私は30代の主婦です。Amazonを利用して7年ほどになります。

Amazonは大手ショッピングサイトでありながらも、本などは中古で安い商品も手に入るところがお気に入りで、よく利用しています。

ただ一度だけ、中古本の購入で失敗をしたことがあります。それは、子供向けの洋書の絵本を購入したときのことでした。

ある絵本をネット上で見かけて、そのイラストがとても可愛くて一目惚れしてしまったのです。

その絵本のことを調べてみると30年以上も前に発行された本でしたが、あちこち探し回った結果、Amazonで中古本が売れられていました。少し高かったですが、見つけたときは非常に嬉しかったです。

もちろん見つけたのは日本のAmazonですが、販売元は海外の古本屋さんです。

海外の出品者さんということで、やや不安はあったものの、Amazonだから大丈夫だろうと迷わず購入しました。出品者が海外でも、手続きは日本語ですから普段のネットショッピングと何も変わりありません。

海外からの発送で届くまでの日数はかかりましたが、無事に手元に届きました。ところが、絵本には子供の落書きがあちこちに。少しならそれも楽しめたかもしれませんが、大部分に落書きがあるのです。探し回ってやっと入手した絵本でしたから、楽しみにしていた分、とってもがっかりしたのを覚えています。

Amazonのページに書かれていた本のコンディションは「非常に良い」であり、説明欄のコメントも「とても綺麗な状態です」とあります。

さすがにこれでは話が違うと思い、Amazonのアカウントでその海外出品者にコンタクトを取り、交換か返品かのどちらかで対応してくれるように依頼しました。

ところが先方は交換も返品も拒否。「子供の本に落書きはありがちなことです。すみませんが今回はご容赦ください。」と返答してきたのです。

海外の古本屋さんの感覚と日本人の私の感覚には、大きなズレがあったようです。

その後、何度かメールをしてみたものの、返信も途絶えました。

最終的にはAmazonに相談し、初めて「マーケットプレイス保証」の申請をすることになりました。

Amazonに相談した結果、落書きありの中古本が「非常に良い」のコンディションで、「とても綺麗な状態」という説明で販売されていた、ということで、マーケットプレイス保証の申請が通り返金してもらえることになりました。

後日、私の申請が通り、Amazonから払い戻しがありました。クレジットカードで支払っていたので、クレジットカード会社を通じての返金です。

Amazonだったから、このように対応してもらえましたが、海外の古本屋さんから直接購入した場合であったら、誰も保証などしてくれなかっただろうと思います。Amazonで買ったものでよかったなぁ、とつくづく感じました。

スポンサーリンク

Amazonのマーケットプレイス保証とは

あちこち探しまわって、やっと手に入ると楽しみにしていた絵本がやっと海外から届いたのに、とっても残念なことになってしまいましたね。

中古本はコメントからしか本の状態を知ることができないので、落書きがあることは書いておいてもらわないと困りますよね。

あなたはAmazonのお買い物でこんな経験はありませんか?

日本のAmazonでも、海外の方が出品しているものもあります。こうした商品は、もちろん海外から送られてきます。

海外からですから日数も結構かかります。

また、日本の感覚ではあり得ないような雑な梱包だったり、商品の状態が悪い場合があります。箱がつぶれているなんて、ほぼ当たり前、CDのケースが割れているなんていうのもよく聞く話しです。海外では、中身に問題がなければ、それほどの問題にはなりません。

こういうのを体験すると、日本のサービスがいかに素晴らしいか、実感しますね。

海外から商品を発送してもらうときは、日本のサービスのレベルを求めるのは難しいものです。少々の覚悟をもって注文しましょう。

Amazonでは海外からの発送に限らず、マーケットプレイスの商品を購入して、今回のケースのようで出品者に直接交渉をしても問題が解消しない場合、Amazonにマーケットプレイス保証申請ができます。

今回紹介した失敗談では、Amazonのコンディションガイドラインと照らしあわせて、購入者さんの主張が認められた、ということです。無事に返金されてよかったですね。

マーケットプレイス保証では、なんでも受け入れてくれるわけではありませんが、こうした困ったトラブルがあった時は相談してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

Amazonのマーケットプレイス保証って申請はどうやるの?

Amazonのアカウントにログインして、注文履歴を見ます。

マーケットプレイス保証に申請するためには、まず最初に出品者に連絡することが必要です。

連絡するときは、この注文履歴から、メールを送るということは、amazonにもそのやりとりが残るので、やりとりの証拠にもなります。
直接電話するよりおすすめです。

マーケットプレイス保証申請ボタン

出品者へのメールは、一番上の「出品者に連絡する」ボタンから直接やりとりを行います。
(すでに連絡済みの場合はボタンは表示されません)

ここでは、あなたのメールアドレスや電話番号などの個人情報を入力する必要はありません。返事はAmazonのアカウントサービスの「メッセージセンター」に届きます。

ア)メッセージセンター

この出品者さんとの直接のやりとりで問題が解決すれば、もちろんマーケットプレイス保証の申請の必要はありませんが、解決しなかった場合は、出品者に保証申請する旨を告げて、申請の手続きをします。

出品者に連絡をせずに、「マーケットプレイス保証を申請」をクリックすると、

出品者に連絡して

このように表示されます。

一番下のボタンを押して、まずは出品者に連絡しましょう。
今回の例では最初は対応してもらえたけれど、何回かメールするうちに返事も来なくなってしまったとのことで、その旨をAmazonに伝えながら申請をして、無事返金となりました。

スポンサーリンク

マーケットプレイスの出品者とのトラブルはAmazonに

Amazonでは、様々な商品が入手可能。海外で販売している珍しい洋書が手に入ることもあります。

ただし、洋書など海外の製品は、海外出品者が販売しているケースもあるので、購入時には注意しましょう。

ここで紹介したような残念な体験はできれば避けたいですよね。

ただし、Amazonではカスタマーサポートがあり、マーケットプレイスの商品についてはマーケットプレイス保証もあります。困ったときに頼れるところがあるっていうのは助かりますよね。

筆者は以前、楽天市場の買い物でトラブルに合ったことがあるのですが、楽天側からは一切フォローがありませんでした。Amazonのサポート対応はなかなかに優秀です。

コメント