Amazonギフト券の種類 ニーズに合わせた選び方で失敗なし!

Amazonギフト券には、いくつかの種類があります。
ニーズに合わせて選ぶと失敗もありません。

ということで、こちらではAmazonギフト券の種類や選び方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

Amazonギフト券とは

Amazonギフト券は、Amazonのアカウントに登録して使用するもの。
Amazonのサイト内のお買い物やデジタルコンテンツなどの購入に利用できます。

Amazonのお買い物はクレジットカードがあると便利ですが、Amazonギフト券があれば、クレジットカードを登録しなくてもお買い物ができます。

クレジットカード同様、手数料などかからずに利用できるので、クレジットカードがない方や、現金派の方にもおすすめ。

ギフト券というと、誰かにプレゼントとして送るイメージがありますが、Amazonギフト券は自分のアカウントにチャージして自分用として使うこともできます。

このように、Amazonギフト券は、ニーズに合わせて使い分けができます。ギフト券の金額も券種によって設定できる範囲や単位が異なります。

では、それぞれのAmazonギフト券の種類について見ていきましょう。

スポンサーリンク

Amazonギフト券の種類と金額

Amazonギフト券には、

  • Amazonのサイトで販売するAmazonギフト券
  • 正規取り扱い店で販売するAmazonギフト券

があります。

Amazon、もしくは正規取り扱い店ではない、格安サイトや金券ショップで販売するAmazonギフト券は、Amazonから無効化される可能性もあり、リスクが大きいのでおすすめしません。

Amazon 通販サイトで購入できるAmazonギフト券

Amazonの通販サイトで販売しているAmazonギフトには、

  • チャージタイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • 配送タイプ

といった種類があります。

チャージタイプは自動でアカウントにギフト券残高が登録となりますが、その他の券種は記載されたギフト券番号をアカウントに登録して使用します。

自分用に使えるAmazonギフト券「チャージタイプ」

1円から1円単位で購入可能

チャージタイプは、自分のアカウントにチャージして使うAmazonギフト券になります。

自分用にAmazonギフト券って買う意味あるの?という方はこちらをご参照ください。

チャージタイプは、購入して支払いが完了すると、自動的にあなたのアカウントにギフト券残高が登録されるので、アカウントにギフト券番号を登録する手間がかかりません。

また、チャージタイプを現金でチャージをすると、チャージするだけなのにポイントが付与されるのが魅力。現金チャージ以外でのチャージはポイント付与の対象外なので、どうせチャージするなら現金チャージがおすすめなんです。

Amazonの現金チャージのチャージ方法などについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

アドレスだけで送れるAmazonギフト券の「Eメールタイプ」

15円から50万円まで1円単位で購入可能

Eメールタイプは、メールでギフト券をプレゼントできるAmazonギフト券になります。

住所など知らなくても、Eメールアドレスさえ知っていれば、送ることができます。

ただし、迷惑メールに入ってしまうこともあるので、送るときは相手の方に連絡して確認するのがおすすめです。

紙で確認できるAmazonギフト券「印刷タイプ」

15円から50万円まで1円単位で購入可能

ギフト券というと、やはり手元になにかないと不安という方もいるでしょう。
そういったときは、自分で印刷できる印刷タイプのギフト券もあります。

これなら、紙で手元に残るので安心、という方にはおすすめです。

ただし、自分で印刷するので、一般的なコピー用紙への印刷になります。
自分で使ったり、事務的に誰かに渡す、というのであればいいですが、プレゼントには適していません。

プレゼントとしていろいろ選べるAmazonギフト券「配送タイプ」

Amazonギフト券の配送タイプには、

商品券タイプ
ボックス対応
封筒タイプ
グリーティングカードタイプ
マルチパック

これら5つの種類があります。

Amazonギフト券配送タイプの「商品券タイプ」
500円から50,000円まで1円単位で購入可能

商品券タイプというのは、よくある一般的な紙幣型のギフト券。
やはり商品券として定着している形ということもあり、贈答品としてかしこまった相手に送るのに最適です。

Amazonギフト券 配送タイプの「ボックスタイプ」
5,000円から50,000円まで1円単位で購入可能

ギフトボックスに入って届きます。デザインにも種類があって、お好みのものを選べます。

誕生日プレゼントやちょっとしたお祝いなど、カジュアルな感じでプレゼントしたいときに向いています。

ギフトボックスに入っているのに特に追加料金などはなく、ちょっとお得感があります。
ただ、レビューがいまひとつなのがちょっと心配。

Amazonギフト券配送タイプの「封筒タイプ」
3,000円から50,000円まで1円単位で購入可能

封筒タイプは、スライド式のケースが付属したAmazonギフトカード。
カードなので、商品券タイプよりコンパクト。

封筒にも種類があり、いろいろな柄からお好みのものを選べます。

Amazonギフト券 配送タイプの「グリーティングカードタイプ」
1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円、50,000円から選べます。

クリスマス、出産祝い、お年玉など、メッセージ性のあるグリーティングカードと化粧封筒が付属したAmazonギフト券です。グリーティングカードが付きますが、追加料金などかかりません。

Amazonから直接相手に送ることもできますし、まず自宅に届けて、メッセージなどを記入し、相手に渡すこともできます。

Amazonギフト券 配送タイプの「マルチパック」
500円、2,000円、3,000円、5,000円から選べます。

マルチパックは、金額の記載されたAmazonギフトカードの10枚セット。
金額も選べますが、500円のギフトカードもあるので、ちょっとしたお礼として、サッと渡したり、なんていうときに便利です。

配送タイプには色々種類はありますが、いずれも、券面に記載のギフト券番号をアカウントに登録して使用しますので、受け取った方がアカウントを持っていないと使えません。
また、これらのカードはいずれもギフト券番号を読み取るためだけのカードで、再利用などはできません。

そうそう、相手に直接送る時は、必ず「ギフト設定」にチェックをしましょう。そうしないと、誰から届いたのか、送り主不明の不審物が届く、なんてことになってしまいます。

正規取り扱い店で購入できるAmazonギフト券

Amazonが承認した正規取り扱い店でも3つの種類のAmazonギフト券を購入できます。

  • カードタイプ
  • シートタイプ
  • 商品券タイプ

いずれも、記載されたギフト券番号をアカウントに登録して使用します。

カードタイプなら誰かにプレゼントも可能、シートタイプはコンビ二の端末から購入できるAmazonギフト券で主に自分用、商品券タイプはプレゼント向きですが、一部の大黒天宝くじ売り場でしか取り扱いがありません。

Amazonギフト券 正規取り扱い店舗についてはこちらでご紹介しています。正規取り扱い店以外での購入はリスクが高いので避けましょう。

スポンサーリンク

Amazonギフト券の有効期限

Amazonギフト券の有効期限は、発行日から10年間です。
あなたのアカウントに登録されているAmazonギフト券の有効期限の確認、ギフト券の購入・利用履歴確認方法についてはこちらで詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

さいごに

Amazonギフト券にはここまでご紹介してきたようにたくさんの種類があります。

プレゼント用ならAmazonギフト券の商品券タイプや封筒タイプがおすすめです。
自分用ならチャージすることでポイントが付与される現金チャージがおすすめ。

プレゼントで送る場合には、くれぐれも「ギフト設定」をお忘れなく♪

例えば、コンビニ払いをよく利用している方は、ギフト券の現金チャージするだけでポイント分お得にお買い物できますよ。

 

コメント