通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazon、コンビニ払い以外の現金払い、手数料不要!2つの支払い方法

      2018/05/23


amazonでよく買い物するんだけど、いつもコンビニ払いで、都度出かけていくのがめんどくさい!なんか方法ないかな?

今回は、こんなお悩みがある方の参考になるお支払い方法についてのご紹介です。

スポンサーリンク

コンビニ払いが面倒!方法はふたつ

そもそも店頭へ行かずして、クリックしたらお買いものができて、家まで届くっていうのが通販の最大の利点なのに、お支払いのたびにコンビニまで出かけていくって、なんだかなぁって感じですよね。

コンビニ払いする理由といえば、

・クレジットカードを持っていない
・クレジットカードを作れない
・クレジットカードだと使いすぎちゃう
・やっぱり現金が安心!
・後払いってなんか嫌

などといった理由があるでしょうか。

では、

・クレジットカードを使わず
・現金で先に支払っておく
・都度コンビニやATMに支払いに行かなくてもいい

こうしたことであればどうでしょうか。

これが実現できるのが、

・amazonのギフト券
・デビットカード

この二つです。

では、それぞれの使い方、購入方法などについてみてみましょう。

スポンサーリンク

amazonのギフト券

アマゾンが直接販売、発送する商品と、アマゾンがamazonの倉庫から発送する出品者の商品は、クレジットカードのほか、コンビニ払いや代引きなどいろいろなお支払い方法が選べます。

ですが、出品者が発送する商品の場合は、コンビニ払いや代引きが利用できないものもあります。

amazonのギフト券というのは、クレジットカードと同様、ほぼどの商品のお支払いにも使えます。出品者が発送するお支払い方法が限られたものでも、お支払いが可能です。

金額も1,000円、3,000円~50,000円と一定の金額で購入できるタイプもあれば、15円~50万円まで1円単位で金額を自由に設定して購入できるタイプもあります。
これらはコンビ二の窓口で現金で支払いができるので、クレジットカードがなくても大丈夫だし、先払いなので手持ちのお金の管理もしやすいですよね。

amazonのギフト券で買えないもの、支払えないものは

・amazonのギフト券や商品券等
・amazonサイトの一部のサービス会費
・海外のamazonサイトでのお買い物等

2017年4月23日までに発行されたamazonギフト券には、券種によって有効期限が1年から3年と様々でしたが、
2017年4月24日以降発行分から、amazonギフト券はいずれも有効期限がカード発行から10年と改定されましたので、一定額購入しておけば、都度コンビニ払いという面倒なお支払い方法から開放されます。

ちなみにチャージタイプのamazonギフト券もあって、こちらは、カードなどを発行しないで直接あなたのamazonアカウントに残高を追加することができます。
このチャージタイプなどのようにデジタルで処理するギフト券のお支払いは、クレジットカードのほか、コンビニ払い・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

デビットカード

デビットカードというのは、見た目はクレジットカードととてもよく似たカードですが、お支払いの方法が全然違います。

クレジットカードは後払いで登録した口座から引き落としになりますよね。
ですが、デビットカードはあなたの預金口座からその場でお金を払い出しするというシステムとなっています。

クレジットカードなら、自分の手持ちがいくらか、預金残高がいくらかなど関係なく使えますが、デビットカードは、預金の残高内でしか利用できません。

そのため、15歳~16歳(カードによる)からほとんどの方が申し込みをして発行してもらえます。

デビットカードというのは、クレジットカードとは異なりますが、使い方はクレジットカードと同じ、VISAやJCBが利用可能なお店なら、店頭でも通販でも利用できます。

クレジットカードは後払いになるので、審査などが必要になりますが、デビットカードは口座にあるお金を使うだけなので、厳しい審査などがなく、高校生でも持てるというのが魅力ですね。

デビットカードは、

ゆうちょ、みずほ、三井住友など一般的な銀行
楽天、セブン銀行などのネットバンク
そのほかイオン銀行などでも扱っています。

まずはその銀行に口座を開設して、デビットカードを作るという流れになります。

amazonのお買い物も、口座からダイレクトにお金が支払われるので、計画的に利用できます。

銀行は、時間外にお金を引き出そうとすると手数料がかかったりしますが、デビットカードで支払いをすれば、そういった無駄な手数料を支払わなくてもすみますね。

デビットカードのメリットは

・クレジットカードを作れなくてもこれなら作れる
・預金口座の残高分しか使えないので使いすぎを防げる
・ATMに行かなくても口座から直接支払い
・ATMを探したり並んだりする必要がない
・ATMのように時間外で手数料がかからない

クレジットカードほどではありませんが、デビットカードにも種類があって、年会費がかかるもの、無料のもの、ポイントが付くもの付かないものなどあるので、作る際には事前にそういったところを確認しておくといいですね。

例えば楽天銀行のデビットカードなら、ポイント還元率が1.0%とデビットカードの中でも高い還元率となっていますし、年会費も永年無料です。

セブン銀行のデビットカードなら、年会費無料、nanacoも付いてるから、ナナコポイントが貯まります。
ポイントの還元率は0.5~最大で1.5%となっています。

さいごに

amazonのお買い物、やっぱりクレジットカードがあると便利だけど、使いすぎたり、セキュリティの不安などもあるものですよね。

そうしたとき、amazonギフト券やデビットカードを上手に取り入れると、もっと便利に、簡単に通販を利用することができるのではないでしょうか。

amazonギフト券は手続きもいらずに簡単、デビットカードはクレジットカードを持っている人もいない人も、一枚は持っていると便利なカードです。

スポンサーリンク




 - amazon コンビニ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。