通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonでの出品、小口と大口って?FBAは?誰でもできる?

      2016/10/29


amazonで出品するって、ちょっと興味あるけど、誰でもできるものなのかな?難しいのかな?

今回は、amazonの出品についてちょっとおおまかにご紹介します。

amazonの出品、まずはどうするの?

amazonで商品を販売するには、amazon出店用のアカウントを作成する必要があります。

これまでamazonでお買い物をしたことがあれば、amazonのアカウントを持っていると思います。

こちらのアカウントサービス画面から、出品サービス用のアカウントを作成し、出品の形態を選択していきます。

出店するお店の名前も決めて登録していきます。

amazonマーケットプレイス、小口出品、大口出品

amazonマーケットプレイスでは、小口出品、大口出品があります。

小口出品とは

amazonですでに売られている商品だけ出品することができます。

小口出品では、月額ではなく、売れたら手数料がかかる、というシステムです。

1個あたり、基本成約料が100円
それにプラスして、販売手数料というのがかかります。
販売手数料は、商品カテゴリーによりほとんどの商品が8%~15%、
ものによっては、さらにカテゴリー成約料なるものが1点につき30円から140円かかります。

小口出品で販売される商品は、購入する際の支払い方法が

・クレジットカード
・amazonギフト券
・amazonショッピングカード

の3つのみとなります。

スポンサードリンク

大口出品とは

amazonですでに売られている商品のほか、amazonでは扱いのないオリジナル商品も販売することができます。

また、販売するにあたって、小口出品より優遇されていて、
amazonのデータ分析レポートなども利用することができます。

大口出品は月額4,900円の月間登録料というのがかかります。
ですが、小口出品でかかる基本成約料1点につき100円というのはかかりません。

販売手数料は小口出品と同じくかかります。

ですから、月に50個以上販売する場合であれば、大口契約で契約した方がお得になります。

大口出品で販売される商品は、購入する際の支払い方法が

・クレジットカード
・amazonギフト券
・amazonショッピングカード
・コンビニ決済
・代金引換(要審査)
・Edy払い

が利用できます。

小口出品も大口出品も、Amazonに注文が入ると、出品者が手元の在庫を梱包し、購入した方に発送手続きをすることになります。

フルフィルメント by Amazon(FBA)とは

amazonでは、小口か大口出品を選んで、出品サービスに登録しますが、さらにフルフィルメント by Amazonというサービスを利用することができます。

このフルフィルメント by Amazonというのは、略してFBAと言われています。

このFBAを利用する場合は、事前に出品者がPCでAmazonに商品の登録を行い、ラベルなどを貼り付け、それらの商品をamazonの倉庫に納品して出品することになります。

FBAで出品している商品に注文が入ると、出品者ではなく、Amazonの梱包で、Amazonから直接購入者さんへの発送となります。また、注文から発送などのやりとりを全てアマゾンが代行してくれるのです。

こうして出品される商品が、「出品者◯◯が販売して、Amazonが発送する商品」と表示されることになるのです。

このFBAを利用して出品すると、出品した商品がプライム対象商品として、プライムロゴが表示されます。

このプライムロゴの商品は2,000円以上で送料無料、
また、購入した際の支払い方法は、Amazonの販売する商品と同様の支払い方法から選ぶことができます。

その分、出品する側には、販売手数料等の他に倉庫の保管手数料や配送代行手数要などのFBA料金がかかります。

このFBAは、出品時の手数料は高いですが、購入する側からすると、Amazonからの発送ということで安心度が高まり、出品者側からすると商品も非常に売れやすくなったり、購入者とのやりとりなどの手間が省けたりと、大きなメリットがあります。

スポンサードリンク

実際に販売するなら何が必要?

Amazonで出品する場合は、以下のものが必ず必要になります。

・パソコン
・プリンター
・ダンボール等梱包用品

実際にはじめるとなると、細かいものがいろいろ必要になり、また小口や大口、FBAか否かによっても若干違ってきますが、これらは必ず使います。

小口出品や大口出品の場合は、自分の手元から商品を発送することになるので、発送の際の梱包材料等が必要になります。

ヤフオクなどで注文すると、使い回しのダンボールなどで届きますが、Amazonではこうしたものは使いません。

きれいな箱やパッケージ、封筒などで梱包します。
商品もむき出しではなく、クリスタルパックなどの透明のビニール袋などで丁寧に梱包して防水などの工夫をしたりもします。

最後に

出品する際に負担する金額としては、商品の仕入れ代金、Amazonへの手数料、売れた時の梱包材料、売れた時の配送料などがかかります。

実際に売れた金額をAmazonがあなたに代わって回収、そこからAmazonの手数料を差し引きしたものがあなたの口座に振り込まれることになります。

Amazonで販売をする、ということは、ちょっとだけ気が向いた時に、というよりは継続的にある程度の数の商品を出品し続けるというスタンスでの出品が合っていると思います。

ちょっとだけ、自宅の不要品を売りたい、というような場合は、ヤフオクなどのオークションを利用するのがおすすめです。

ただ、現在であれば、大口出品の月額が3ヶ月間無料となっていますので、これから継続していろいろ出品していきたい、という場合は、まずは大口出品で契約していろいろ出品してみると良いでしょう。

大口出品を三ヶ月利用してみて、後日小口出品に変更することも可能です。

小口出品にすれば、月額料金はかからず、売れた時だけ手数料がかかることになります。

あなたが売りたいものや、販売の形態などを考慮して小口か大口か、さらにFBAを利用するか否かを検討すると良いでしょう。

スポンサードリンク

 - Amazon 出品 ,