通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

amazonとamazonマーケットプレイス、サービスはどう違うの?

      2016/09/11


amazonには、amazonが販売するものと

amazon以外の出品者が販売するものがあります。

amazonで買い物する側にとって、この違いはどういった違いなのでしょうか?

今回は、amazonとamazonマーケットプレイスのサービスの違いについてご紹介します。

amazonが販売するもの、サービスはどうなってるの?

amazonが販売する商品は、全て新品です。

amazonが販売する商品は、amazonの倉庫から発送されます。

amazonのサービスというのは、例えば送料については、先日から、全商品送料無料だったところ、2,000円以上のお買い物で送料無料、2,000円未満では350円と送料が変更されました。

amazonの販売するものについては、クレジットカード払い、amazonギフト券、代金引換払い、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

amazonの倉庫からの発送も素早く、梱包もamazonが行います。

そして、何より安心なのが、問い合わせ対応や、返品対応についてamazonが窓口となって迅速に対応してくれることです。

amazonの問い合わせ対応は、電話やメール、チャットでの対応を選ぶことができて、通常、電話やチャットであれば、数分でつながります。電話については、amazonから指定した電話番号に電話をかけてきてくれます。

メール対応だと少し時間がかかりますが、当日から翌日には返事がきます。

ネット通販などの問い合わせというのは、なかなか対応がままならず、困ることが多いのですが、amazonに関しては、迅速に回答してくれるので、大抵の困ったことは解消されます。

スポンサードリンク

amazonマーケットプレイスの販売、サービスはどう違う?

amazon以外の出品者が販売しているのが、amazonマーケットプレイスです。

amazonの販売する商品と比較して、amazonマーケットプレイスはどうなのでしょうか?

amazonマーケットプレイスというのは、amazonに手数料を支払うことで、amazonの看板を借りて商品の販売する出品形態です。

amazonマーケットプレイスにはその出品者とamazonの契約内容により種類があるのですが、購入する側からすれば、わかりにくいものですし、ここではあまり関係ないので割愛します。

実際に購入する際に関係してくるのは、その業者が出品している商品を「amazonの倉庫に置いているか」、「自分の手元に置いているか」、という違いでしょう。 

amazonの倉庫に商品があり、発送はamazonがする商品というのはamazonの販売する商品と同様のサービスが受けられます。
送料はamazonと同様、2,000円以上であれば無料です。
お支払い方法もamazonと同じものが利用できます。

こうした商品には、価格の下にプライムのロゴが表示されています。

一方、、出品者が自分の手元に在庫を置いていて、注文すると出品者が発送手続きを行う場合というのは、amazonと同様のサービスが受けられません。

この場合は、その商品に関する発送や返品、問い合わせ対応などが基本的にamazonではなく、出品者との直接のやりとりになります。
送料は1点ごとに記載されている送料がかかります。
お支払い方法も、クレジットカードとギフト券しか利用できなかったり、出品者によって違ってきます。

amazonマーケットプレイスの出品者も様々ですので、その対応もそれぞれ異なる場合があります。お急ぎ便やお届け日時指定便なども、amazonのサービスとは内容も異なりますし、対応している出品者も限られます。

問い合わせに迅速に対応してくれる出品者もあれば、なかには思うように対応してくれないような業者もいます。

amazonでの販売を専門にしている方もいれば、副業などで販売している方、実店舗があってamazonでも販売している業者さん、大型の企業の出店もありますので、対応の違いがあるのも仕方がないでしょう。

それぞれ、amazonの規定の範囲内で、対応を個々に決めている部分もあるのです。

ですが、万が一、マーケットプレイスの出品者とのやりとりでトラブルが解決しなかった場合など、amazonのマーケットプレイス保証があり、困った時はamazonのカスタマーサービスで対応してくれるケースもあります。

スポンサードリンク

amazonマーケットプレイスの中でも安心なのは

amazonの販売するものしか買ったことがない、という方も多いようですが、amazonマーケットプレイスの商品はどれも心配なのでしょうか?

私はこれまで長年amazonを利用していますが、全体的にみて、アマゾンマーケットプレイスは、それほど不安なものではないように思います。

ヤフオクなんかに比較すれば、非常に安心とも言えます。

本やCD、DVDなどは、メール便での発送が多いので、到着までに1週間前後かかる場合もあり、そういった点でamazon倉庫からの発送のものよりかなり不便を感じますが、到着予定の範囲ですので、それを理解していれば特に問題はありません。

もちろん、中には不安な出品者さんがいるのは事実ですが、基本的にamazonの規定沿って出品対応していますので、それほどひどいことは無いでしょう。

実際、発送が遅かったり、対応が悪かったり、購入者さんからの評価が下がると困るのは出品者です。

amazonに高い手数料を支払って出品しているからには、そうした悪い評価を得て得することは何もないのです。

どうしても心配なら、マーケットプレイスの販売でも、amazonが発送する商品、というのを選ぶと良いでしょう。

こうしたものは、amazonと同様のサービスの対象となっていますので、万が一のトラブル時にも安心です。

amazonのプライムロゴマークの入った商品がその目印。

商品を選んだら、画面の左サイドバーの絞込で「配送オプション」からプライムロゴの付いた商品だけを表示させることも可能です。

プライム、無料発送

amazonのプライムマークをよく利用するなら

プライムのロゴがついた商品は、amazonプライム会員になっているとプライム会員の特典が活用できます。

・お急ぎ便(通常税込360円)
・当日お急ぎ便(通常税込514円)
・お届け日時指定便(通常税込360円または税込514円)

これらが無料となります。

また、2,000円未満では送料350円がかかることになりましたが、プライム会員については、この送料350円も無料です。

amazonプライム会員は年会費3,900円ですので、こうしたプライム会員の特典を何回も使うようなら会員になる方がお得です。

以前はあまり大きなメリットのないamazonプライム会員でしたが、
最近では、amazonプライムビデオやamazonプライムミュージック、プライム・フォトなどの特典がかなり充実していますので、こうしたことも含めてamazonを活用する方には、無くてはならないサービスになってきています。

amazonマーケットプレイスの決済は出品者?

マーケットプレイスの出品者から商品を購入する場合も、amazonでの購入と同様にamazonが決済しています。

出品者にあなたのクレジットカード情報などが知らされることはありません。

あくまでもamazonが決済を行い、amazonが出品者から徴収すべき手数料などを引いて、出品者に売上金を送金する、というシステムになっているのです。

返金についても、amazonからの返金となります。

まとめ

amazonの販売するものは、しっかりとした梱包で迅速に届いて安心ですよね。

マーケットプレイスでも、安心なのは、プライムのロゴが入った、amazon倉庫から発送される商品。amazonと同様のサービスが受けられます。

マーケットプレイスのその他の商品でも、万が一の時はamazonのマーケットプレイス保証があります。

メール便で届くような商品は、配送が遅く、宅配便のように追跡サービスなどがないので、ちょっと不安になる方が多いのも事実ですね。マーケットプレイスの出品者が発送するものは、ちょっと気長に待つ位でちょうどいいかもしれません。

以上、あなたのお買い物の参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク

 - Amazon 購入 ,