通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

通販、楽天とamazonを比較、どっちがお得?使いやすい?

      2016/09/11


通販と言えば、楽天とamazon、というくらい、定着していますが、あなたはどちらの通販が好きですか?

今回は、通販サイト、楽天とamazonについて比較してみたいと思います。

通販、楽天の特徴は

楽天は、通販のショッピングモール。

大きなショップが楽天のサイトに出店しているイメージです。

個々に店舗があったり、比較的規模の大きなショップがほとんどです。

出店する側からすれば、お店の個性が出せるのが楽天の特徴ですね。

購入する側からすれば、お店独自のサービス等で、購入するか否かを判断する材料にもなりますよね。

購入後は買ったお店とのやりとりになるため、お店の対応などもダイレクトに伝わってきます。

楽天のサイトの構成は

楽天では、商品を販売する店舗により、そのページが作られていて、独自のアピールがされていて、同じ商品であっても、おまけがついてきたり、ポイントがたくさんもらえたり、説明がしっかりされていたりと、通常の店舗のようにお店のカラーが見えるので、購入する側からも選ぶ楽しみがあります。

個々のお店ごとに商品ページが複数あり、かなり見応えがあります。
お店によっては動画をUPしたり、商品の解説などもかなり深いものがあります。

スポンサードリンク

楽天の支払い方法や送料は

お店によって支払い方法や配送方法、送料無料になる価格設定なども様々で、各店舗のページで個々に確認しなくてはわかりません。

そのため、複数の店舗の価格を比較する時は、かな~り手間がかかります。

楽天のトラブル対応は

万が一トラブルがあった場合、楽天側ではほとんど対応してくれません。
窓口もわかりづらく、過去に困ったときも、お店との直接のやりとりでした。お店がしっかり対応してくれなかった場合、諦めるしか無い、というようなケースもあります。

通販、amazonの特徴は

amazonは、アメリカが本拠地の外資系通販サイト。

そのせいか、ちょっと日本ではわかりづらい印象を持つ方も多いかもしれません。

Amazonでは、Amazon自体が販売するもの、Amazonに出品する個人や企業が販売するものがあります。
こうした出品者の販売するマーケットプレイスの商品も豊富です。
マーケットプレイスでは中古品も出品されています。
また、Amazonが返品された商品を販売しているAmazonアウトレットなどもあります。

Amazonへの出品は、楽天より小規模でも気軽に出品できるので、個人での出品が多く見られます。

Amazonには有料のプライム会員というのがあり、これは年会費3,900円で様々な特典が受けられるサービスです。

通常は有料のお急ぎ便や日時指定便が無料になったり、AmazonプライムビデオやプライムMusicなどのサービスが無料で利用できたり、Kindleが格安で購入できたり、Kindle本が毎月1冊無料で読めたりします。

有料ながら、利用者の多いサービスです。

スポンサードリンク

Amazonのサイトの構成は

Amazonはお店の個別ページという閲覧の仕方よりも、商品ごとの閲覧をし易いサイトになっています。

そのため、出店する側からすれば、個人でも大型店舗と同じレベルでの出品が可能です。

購入する側からすれば、Amazonからの購入は安心、マーケットプレイスの商品はちょっと不安に感じる方もいるようです。

Amazonの場合は、同じ商品を扱う複数の出品者の評価もひと目で比較できるようになっていて、評価の高い出品者を選択することもできます。

Amazonの支払い方法や送料は

Amazonでは、Amazonが販売するもの、発送するもの、マーケットプレイスの出品者が販売するもの、発送するもの、マーケットプレイスの商品だけれども、Amazonが発送するものなど、Amazonと出品者との契約の仕方で複数の形態があり、支払い方法なども一律ではありません。

Amazonの場合は、クレジットカード、Amazonギフト券、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い、代金引換払いなどが選択できますが、
マーケットプレイスでは、同等の支払い方法が選択できるものもあれば、クレジットカードかAmazonギフト券のいずれかしか選べないものもあります。

送料についても、

Amazonの販売する商品・発送する商品は2,000円以上送料無料
マーケットプレイスの出品者が発送する商品は個々に送料がかかり、いくら購入しても、複数購入しても、基本的にそれぞれ送料がかかります。

購入する側からすると少しわかりにくいですが、ひと目で送料が確認できるので、トータルの金額が把握しやすいです。

Amazonのトラブル対応は

万が一のトラブルの場合、Amazonからの購入であれば、直接Amazonに対応してもらえます。
マーケットプレイスの場合には、基本的に出品者とのやりとりになりますが、出品者とのやりとりで解決しない場合などは、Amazonも対応してくれます。

こうした困った場合の窓口もしっかりしていて、電話対応、メール対応などチョイスできて、ネット上のカスタマーサービスとしては、かなり優秀な対応です。

私もこれまで数回利用していますが、ほとんどストレスなく対応してもらえています。

楽天とAmazon、あなたのお好みはどっち?

楽天とAmazon、それぞれに魅力がありますが、あなたはどちらの通販をよく利用されますか?

私の場合は、買うものが決まっている場合は、Amazonで商品を検索して、
買うものが決まっていない時は楽天でいろいろ見て比較する、というのが多いです。

楽天はポイントが貯まりやすくて、ポイント◯倍!なんていうのも当たり前で、結構お得感があったりします。楽天カードでの買い物なら、かなり有利にポイントが貯まります。

ただ、楽天は送料がかかる場合が多いので、◯円以上は送料無料!などという商品でないと、かなり高くなる場合も。こういったチェックがちょっと面倒だったり、◯◯円以上となると、いらないものまで購入して無駄遣いにもなりやすいのです。

Amazonは、ポイントの魅力はないですが、他と比較して価格がかなり安いという魅力があります。また、型落ちでもう他では売られていないものが見つかったりします。
ただ、ブラブラとウィンドウショッピング気分でサイトをウロウロするにはあまり向いていないサイトかなぁ、と思います。

ちなみに、私はどちらのサイトでの通販でも、JCBのOkidokiポイントサイトを経由しながらショッピングしています♪

楽天やAmazonのポイントにさらにJCBカードでのポイントをもらえて、さらにJCBのOkidokiポイントサイトを経由することで、JCBカードのポイントが2倍~10倍とかに増えちゃうんです。

通販を利用するときに使うクレジットカードの選択でも、かなりお得感が違ってきますので、クレジットカードはきちんとお得なカードを選ぶといいですよ^^

スポンサードリンク

 - Amazon 楽天 ,