通販 おしえて.com

「Amazonで商品を購入する際の不安、疑問点」などを解決・解消する方法やAmazonのサービスについてなど、Amazonでの通販に関するあれこれをご紹介しています。

防災グッズのおすすめ、Amazonのベストセラーはこれ

      2016/11/05


3.11のあの日、我が家でも停電、断水などがあり、火も使えず数日間は寒くて辛い思いをしました。

今回、熊本でも大変な被害が出ていて、大きな余震が続く中、被害も拡大しています。心よりお見舞い申し上げます。

現在ボランティアなどの受け入れも延期され、被害拡大防止のためにもボランティアなどは控えて欲しいとの要請がありましたね。

支援物資を送るにしても、現地での受け入れ体制が整うまで待って欲しいと呼びかけもありました。

被災者の方々は物資もまだ少なく、毎日大変な思いをされているはずです。天候の悪化もあり、とても心配ですね。

天気の良いときなら屋外で寝ることもできたでしょうが、土砂災害も心配な天候、繰り返す大きな地震で建物も倒壊の恐れが増しているなか、どう過ごされているのでしょうか。

こうした大規模な災害が起こるたびに、連鎖反応のように、各地で再び災害が起こることも少なくありません。

他人事と思わずに、対策をしていないと、いざというときに対策が取れない、という状況に陥ります。

3.11の時もそうでしたが、電気もガスもないとなると、寒さ対策が必須です。

日頃電気やガスを何も気にせずに使っていますが、本当にないと不便。何もできません。

私の場合は、家は、いくらか物が落ちた程度で、倒壊などの被害が無かったので、布団や衣類などは不便がなくて良かったのですが、やはり無くて困るものはありました。

トイレ(断水)

懐中電灯
食料

電気やガスを使わない暖房器具

などです。

スポンサードリンク

トイレの水が出ない

一番困ったのは、断水となったので、トイレが使えないこと。

幸いにもお風呂に溜めてあった水で流すことができましたが、これが無かったらトイレも困ったことになっていました。

断水は翌日あたりには復活したのですが、この期間が長ければ、大変な状況になっていたと思います。
特に女性の場合は、男性のように外で済ませることもできず、本当に困りますよね。

amazonでもこれがベストセラー1位になっています。

ですが、レビューでは、丈夫なゴミ袋と凝固剤を別々に購入したほうが良かったというものもあります。

未開封で5年の保存OKと書かれているものの、試しに開けてみたら個包装になっていなくて、失敗したという方もいます。

停電で真っ暗、電気がないと何も使えない

また、停電で電気が使えない時は、懐中電灯は絶対に必要です。
こうしたものを使うためには電池もないと困ります。

今では手動で発電するタイプのラジオ付き懐中電灯などが販売されていて、こうしたものはとても頼りになります。

町中は、街灯や信号もすべて消えてしまい、灯りひとつない状況です。日頃こうした経験をすることはめったにないのですが、夜には真っ暗闇なんです。

電気が無いと、テレビやラジオからの情報も一切受けることができませんので、電池で聞けるラジオが唯一の情報源となりました。

安否確認などのメールや電話で、あっと言う間に電源も切れてしまいました。

携帯が充電できれば、誰かと連絡をとることもできます。情報もキャッチできます。

電気がないってこんなに不便なのかと思い知りました。

電池で使えるものや蓄電できるものは、とっても頼りになります。

そして食料、水不足

しばらくの間、食料品などスーパーの棚もガラガラ状態で、欲しいものなどが手に入らない状況が続きました。

売れ残っているのは、調理や下ごしらえなどが必要な物ばかり。

レンジでチン!なんていう食品は電気がないから食べられないし、お湯を沸かすこともできません。

こうしたことからカセットコンロが重宝しました。

お湯を沸かせれば、レトルト食品を温めたり、インスタントラーメン、味噌を溶いて味噌汁なども食べられます。

ただ、これも水がないとなんともなりません。

やはり、水と熱源、食料は大切でした。

冷蔵庫の電源が切れてしまったので、中のものが全て溶けてしまう前に、クーラーボックスに冷凍庫にあった保冷剤とともに保管して1日~2日は保存できます。

スポンサードリンク

寒さ対策は必須です

東北の3月はまだ雪も降るし寒い季節です。

停電でガスも止まり、暖房ができずとても寒い思いをしました。湯たんぽもお湯がないので使えませんでした。

唯一使えたのは、昔の石油ストーブ。

芯に火をつけて、上にやかんを乗せられるタイプのものが近くの実家にあったので、それで寒さを凌げました。

熱源になるので、お餅を焼くこともできました。

寒さには、こうしたサバイバルシートも重宝しました。
軽くてコンパクト、ガサガサ音はしますが、くるまれば暖かいです。

早く震源が落ち着いて、復旧が進みますように!

amazonのトップ画面では、赤十字の「平成28年熊本自身災害義援金への協力」を呼びかけています。

Amazon

ファミマのファミポートや、ローソンのLoppiでも募金可能です。

3.11の時も、募金を不正に使うということが横行しましたが、今回はそういったことのないように、しっかりと現地の復旧に使って1日も早い復旧を目指して欲しいものです。

スポンサードリンク

 - Amazon 購入 ,